最近あったこと

最近自分の周りで起きた、ちょっとした非日常。


○家に帰ってたら、自転車に乗ってた爺さんが私の目の前で仰向けになって倒れた。
 ・・・倒れた顔が笑顔だったので「ただの酔っ払いか」とスルーして家に帰る。
 後からよく考えたら、笑顔の状態で脳が停止したら笑顔のままだから、別に笑顔だからって大丈夫なわけじゃないよなと思い直す。
 まあ、人通りの多い道だから誰か助けるだろう。

○職場が首相官邸の近くなので、よく右翼が湧く。
 ある日、別々のグループと思われる2組の右翼が、同じ場所でそれぞれに叫びだす。
 声が混ざってうるせーやら何言ってるかわからねーやら。
 で、本人達も気になったのか、スピーカー越しに口論を始める。アホすぎる。
 こいつらはこいつらで結局、自分が文句垂れてストレス発散したいだけなんだなとしみじみと思う。

○昼寝をしてたら外で「大丈夫ですか? 救急車呼びますか?」という声が聞こえる。
 そういえばここ1ヶ月ぐらい、昼夜問わずすげーでかい声で「オエー! カヘー!」とかって吐き戻しみたいなことやってる徘徊老人がいたな、と思い出す。
 で、うるせーなと思いつつ聞いてると、どうも爺さんが断った模様。「え、呼ばなくていいんですか?」とか聞こえてくる。
 その30分後に救急車到着。くっちゃべってた意味ないやん。
 で、救急隊員に対して更に拒否をする爺さん。30分ぐらい問答してただろうか。結局運ばれる爺さん。
 ・・・こいつらが問答してる意味って何なのだろうか。
 そして翌々日には、大家と思われる人物と業者による、爺さんが住んでた部屋の撤去作業が開始される。
 爺さんがどうなったかは不明。

○家に早く帰ってくると、けっこうな確率で子供の泣き声が聞こえる。
 大体1,2時間ぐらい続く。
 窓を空けてるとうるさいので、未だにクーラーを入れてる。ちょっといい加減にして欲しい。
 耐えかねて、隣りの部屋の友人に「ガキの泣き声うるせーよなー」と言ったところ「子供の泣き声? 聞こえたことないが・・・」と言われる。怖いことを言うな。
 いやおまえ、前もそんな話したやんって言ったら「あなた疲れてるのよ・・・」みたいに返される。ち、違う、違うで!?

○帰宅途中に女が男の袖を掴みながら「やめて! やめてよ!」と叫んでるのを発見。
 男は相手にせずに黙々と走り去ろうとしてる。女はコンビニの袋から中身をボロボロ溢しながら必死の形相。
 痴話喧嘩かよおめでてーなーと思いつつ無視して近くのコンビニに寄り、外に出たら警察が来てました。引ったくりだった模様。
 ああうん、呼んで2,3分で警察がくる法治国家すげー。

○友人宅に遊びに行くため、電車に乗る。電車が動き出すと同時にバランスを崩し、何故か1両の半分ぐらいを人々に体当たりを食らわしながらダッシュする謎の女が発生。
 みんながぎょっとする中、座席に座ってたたくましいイケメンの胸にダイブして泊まる女。
 動揺する男に「ちょっと自分で自分を支えてられないので、抱きしめててもらえません!?」と甲高い声で叫びながら、返事も待たずに聞かれもしない身の上話を語りだす女。露骨に顔をしかめるイケメン。
 女は次の駅で駅員に降ろされてました。「私2回目なんでほんと困るんです! 電車に乗れなくなっちゃう! 離して! 離せ!」阿鼻叫喚の地獄絵図。
 あ、こういう時の出発遅延のアナウンスって「車両点検」なんですね。

○駅の構内でカタコトの男に道を尋ねられて、親切に道を教える小奇麗なお嬢さんを発見。
 改札が詰まってたので何気なく会話を聞いてたのだが、特に何もなく会話終了。
 「アリガト○○○」と言って笑顔で去っていく男に笑顔で応える女。
 大変微笑ましく見えんでもないのだが、今言われた○○○の部分、韓国語で「AV女優ヅラ」な。
 当事者は笑顔で去ってるのに、俺だけ悪意を感じ取ってイラッとしてしまった。一人負けじゃねーか。

○職場が都心なので、電車は込みます。乗り降りの時に人を押すのは当たり前。
 で、先頭の人が押してるのを後からついていったところで、「触ってんじゃねーよジジイ! ふざけんな!」と言い、目の前でおっさんが女性に突き飛ばされる。
 おっさんは蚊の鳴くような声で「べ、別にさわってなんか・・・(以下判別不能)」とか言ってる。
 タイミング悪く私が後ろに押されて間に入ってしまい、バトルはそこで終了。
 ・・・それはいいのだが、何事もなかったかのように本を読む私を、気がついたら周りが睨みつけている。
 ち、違う、違うで!?
 痴漢冤罪などという不愉快な事件に巻き込まれないよう、日々バンザイ乗車か読書に励む勤勉な俺様と、乗車に合わせてケツ触る小汚いジジイを一緒にされたら困るで!?

○満員電車は常に他人とのバトル会場。バトルの原因は押したとか、押されたとか。
 ヒジ、ヒザと傘がメインウェポンです。よく背中や足にめり込んだりめり込ませたりしてます。
 あと、女性は必殺の兵器「ハイヒール」があります。あれすっごいんすわ。一撃入ると、撃たれたところが痺れてしばらく動かなくなる。
 とにかく、性質が悪いのは大体おっさん。
 周りの目に映る全ての対象に向かって毒を吐きまくるおっさんがいたりして、車両変えてみたりしてます。
 あと、下り階段を逆走してきたおっさんがいたので無視して真っ直ぐ歩いてたら、反動着けて思いっきり肩を当てられたことがある。次に遭ったらどうなってしまうのかしらん。
 道ひとつ歩くのにも謎のプライドがあるおっさんマジ最強。

 
○プライドと言えば、職場にも間違ったプライドを持ったおっさんがいて大変困っている。
 元IBMかなんかで40近くのおっさんなのだが、この男に関わった案件がことごとく話がそれて大きくなって謎の展開に変貌するので、内部では「工作員」ってあだ名がついてる。
 なんとかこのおっさんを矯正するべく、彼の上司(年下)が説教をするのだが、謝らない。とにかく謝らない。
 それが気に入らないらしく、その上司が更に声高に説教をする。うるさいからやめて欲しい。
 と、そこでついに40男から謝罪の言葉が出る。「ハイハイ、私が悪ぅございました!」
 ・・・ドン引いた。上司の人もドン引いてた。
 心の中のあだ名は工作員からキチガイに変更。



ふぅぅ・・・日本マジ平和だぜ・・・
[PR]
by udongein | 2013-09-14 09:32 | 日常


<< ラストクロニクル01 -始めて... 日々のあれこれ。 >>