呑んできました


 先週はバイトが9時-1時とかいう人間の尊厳を無視したようなシフトでした。
 なので、土曜日の9時-16時の休憩一時間とか、11-9時の休憩一時間とか、俺もまともなシフトで入れるんだとか素で思ったものです。
 で、土曜日がご覧の通り16時で上がりだったので、友人と「飯食いに行くか~」とか言ってたんです。
 せっかくだから、友人HIROも誘って「神がかったとんこつラーメンの店行こうぜ」と和気あいあいと語ってたら、言い出しっぺの友人から電話が。
「おいす~、久々にラーメン行こ――」
「おす、呑みに行くぞ

ちょっと待ってみようか。

 呑みって! 次の日午前労働の私に呑みって!
 いや、それは問題じゃない。何しろ11時間労働の休憩5時間とか、なめたスケジュール入れられた私です。たかが6時間労働が響くわけがありません。
 えーっと、店長……明日休んでいいですか?(死

 しかし呑みと知ってれば、適当に理由つけて土日どっちか休んだんですけどね。




 酒と聞いて、私が騒がないわけにはいかない。
 ブランデーの瓶をラッパ呑みして、明け方5時に友人宅で猥語叫んでた私です。
 お小水が出ないと言って1時間トイレに立てこもり、意識不明になったかと心配された私です。
 その後過呼吸に陥って、救急車呼ばれそうになった私です。

 …おまえら、俺に呑ますの辞めろ。



 ともあれ、言い出しっぺは社会人です。安い飯ならともかく、高い飯の時は確実に奢ってくれるジェントルメンが相手ですから、当然奢りを期待していいでしょう。
 そう思い、家にやってきた友人に言ってみると、奴はニヤリと一笑いしてから、おもむろに財布の中身を広げました。
 そこには……諭吉さまが3枚。

 ゆ、諭吉っつあん!!

 私的に、壱万円と言えば今でもあんただよ、諭吉っつあん! 先日滞納した家賃を払って15人ほどお亡くなりになった諭吉っつあん!
 ごめん、泣けてきた。



 で、更に友人HとHJも来るらしいんですが、風呂入ってから来るとか悠長な事言ってるので、後から合流させる事になりました。
 薄情とか言っちゃダメです。私はその日、卵ご飯一杯しか食ってなかったんですもの。
 というわけで、一人残して5人で出発。ちなみに行き先は、狭いけど刺身のおいしい店。
 行ってみると、休日なのもあって、かなり混んでました。
 さて、まずはビールで乾杯。私、実はビール嫌いなんですが、宴会の時は一杯だけ付き合うようにしてます。この時のビールは呑みやすくて、助かりました。
 で、食い物も続々と運ばれてきたんですが…刺身の盛り合わせが来た時、小さく歓声が。
 ここの盛り合わせ、すごいんです。鮭、マグロ、ハマチのほかに、出汁巻き卵とカンパチ、それからカモの肉がついてくる。しかも量が多い。
 で、無駄にテンションの上がった面々が早くも一気を開始。
 ・・・あー、今回もこのノリかー。
 いやね、私もこのノリは好きです。酒弱いけどナー。
 でも、このノリと非常に相性の悪い男が一人…

「限界を超えて~ラララ星のかなた~♪」

 アトム一気は恥ずかしいからやめなさい。
 私の思いも露知らず、場は混沌としていきます。
 と、そこへ、優雅に風呂へ入ってきたHJが、遅れてやってきました。
 …この男が、このノリと相性悪かったり。
 いやね、相性悪いのはいいんです。ちゃんと付き合ってくれますしね。
 でも、このノリで最後に起こるのは……

「俺が呑んだんだから、おまえも呑むよな?」

終らない一気合戦なんです(吐血
 やめて、弱いの! 私、お酒に弱いのよ!(ガボガボ
 なぜか腕ひしぎかけられながら、無理やり呑まされてる私。
 まーでも、最初に四杯連続で一気させたのは私なので、自業自得です。
 そのまま閉店まで、叫んで呑んで吐いてから、帰りました。
 ちなみに、酔ったまま運転するとか友人達がほざいてたので、車持ってきてない組は無難に歩いて帰りました。



 さて、このままだとオチがありませんが、ベタなオチがちゃんとついてしまいました。

 二日酔いの状態で行ったバイトが3時間延長されました。
 うぅ、やっぱり次に呑むときは休み取ろう…。
[PR]
by udongein | 2005-07-14 11:38 | 日常


<< 8月購入予定の本 人情紙吹雪 >>