一山超えました


 割と無理をしてたらしく、22時には眠気が。
 蒸し暑い夜だったのでクーラーをかけたんですが、3時くらいかな? 起きたらなぜかクーラーが止まってました。
 それなら付ければよさそうなもんですが、どうもあり得ないくらい眠かったらしく、台所の戸が開いてました。
 やはりそれだけでは効果がなかったのか、窓のカーテンも開いてました。
 いや、意味がないから、その行為。
 せめてほら、窓くらい開けてほしいもんです。
 当然、朝起きたら蒸し風呂状態。
 タイマー切れの扇風機と、カーテンだけ開けられた窓。全く涼を取れてないばかりか、窓からものすっごい朝日が入ってきてます。意味がないどころか、悪影響。
 喉が渇いたので、窓際に置いてあった温かいお茶を一気飲み。喉は潤いましたが、何でしょうこの満たされない感じは。

 というわけで、暑苦しさのお裾分け。
[PR]
by udongein | 2005-07-30 09:35 | 日常


<< また、落ちてしまいました。 一個終了。 >>