ヤーベヤベ。


 今朝、目覚ましの音と共に目がさめました。
 それにしても、体が寒い。はてなんだろうと思ったら、扇風機が付けっ放しでした。
 うわ、道理で寒いはずだ…なんて思いながら扇風機を切って、布団に包まる私。
 …次に目が覚めたのは、8時半でした。
『すいません、私事で1時間ほど遅れます』
 ああ、こんなメールだけいち早く慣れてしまう社会人(死



 そして、今日の仕事はUNIXの続き。
 前日、1時間半にも渡る仕様説明の後、「こうしたらいいんじゃない?」みたいなことを、物凄い早口で説明されたんですが、今日になって綺麗さっぱり忘れてました。
 …うわ、ヤバ。
 メモを取ったはずのノートには意味のわからない走り書き。
 それでも、まずは設定関係からと、何度も聞きながら設定を変更。さて動かすぞという段階で、何をやったらいいのかわからない。







 確かに私が悪かろう。
 だがしかし。だがしかし! 物凄いタイプ速度で次々に見たことのないコマンドを叩きつけて「こうしたらいいんじゃない?」とのたまい、次の説明に移るあの男を責められないということがあるだろうか、いやない(反語)
 し、しかし、聞けない……忙しい忙しいと歩き回り、30分に一度会えるかどうかの上司に、「どうやったら起動するんですか」とは聞けない……
 パニくりながら試行錯誤すること、1時間。もはややれることがない私は、意を決して上司に言いました。
「どうやったら起動するんですか?」
…常駐型のプログラム、ってわかるかな?

違うから! 聞きたいの、そういうことじゃないから!!
 その後、1時間に渡って常駐型プログラムの講義は続き、しかし決して起動の方法は教えてもらえず、途方にくれるUNIX初心者が一人。
 今まではそんな部分を優しい先輩達がフォローしてくれました。「たぶん、一回じゃわからないと思うから、またわからなくなったら聞いてよ」と優しく教えてくれた先輩は、今も隣りにいます。
 しかし、今やってるプログラムは、上司以外誰もわからない。
「ごめん、それは俺わかんない」
 すいません、俺もわかりません(吐血

 そして、昼を食べて更に一時間後。
 意を決した私は、上司を捕まえて言いました。
「すいません、自分が全く理解していないことがわかりましたので、もう一度最初から説明していただけないでしょうか?」
「何がわからないの? 起動引数の話? メールで送ってあげたでしょ?

 上司がアレなのさっ引いても、俺が馬鹿だ。

 や、ヤベエ。つーか、私のダメなところと、上司のダメなところが見事に噛み合って、地獄の協奏曲を奏でてます。
 もうね、「昨日の今日だぞ(ぼそっ」なんて言われたからにはそれ以上質問もできず、ちょっと泣きそうになりながら続きやってたんですよ。
 しかし、わからない。わからないものはわからない。それから胃の痛みが止まらない。
 マジで。
 内臓の中で、胃はどこにありますか? って聞かれたら、大きさまではっきり答えられるくらい、胃だけが痛むの。この固まりが胃です、ってはっきり自己主張されてるの。
 マジで。


 …その後、先輩に聞きまくってたら、こんなことを言われました。
「いや、あの説明じゃわかんないと思うよ」
 そ、そうっすよね。
「うん、っていうかね、みんな被害こうむってるから
 うんうん、わかりますわかります。
そろそろ何か動きがあるんじゃないかなぁ


 ちょ、ちょっと!
 要らないから! 要らないからそんな怖いぶっちゃけ話。


「誰かが爆発するか、○○さん(一年先輩:女)が失踪したら、それが引き金になると思う」

 アワワワワワワワワ(怯

 いやね、○○さんへの上司の発言が、ちょっとキツめなのは思ってましたけど。
 今日だって、上司の私の呼び方は「高橋くーん、悪いんだけどさー、この案件についてメール打っといてくれない?」
 なのに、同じことを○○さんに頼む時は、
おい、おまえ。さっき言ったメール、送ったのかよ?」
 とかなんですよ。
 ○○さんも「はい、送りました……すいません」とか、ちゃんとやってるはずなのに謝ってるんですよ。
 あれがその内デフォになるんでしょうか。い、胃が……

「キミが爆発してくれるなら、後押しするよ?


イイィィィィィィヤアアァァァァァァァッ!!!(心の叫び


 や、やべえよおっかさん…東京は怖いところです。






 …それにしても、私はそんなにヘタレでキレやすいように見えるんでしょうか。自覚してるが
 二日前の日記にしても、今日別の友人に電話したら「おまえ、あの日記読んで病んでるなぁと思った」とか言われたんですよ。
 う、うわぁ…前科があるだけに、否定もできん(死
[PR]
by udongein | 2006-07-27 21:55 | 日常


<< 今日も仕事ですよー 昨日の日記ですが >>