酔ってました



 やーばいですよ。酔ってますよ。抜けてきたけど。
 いやね、昨日は1月31日。私の職場、昨日で契約の終わった人が3人いて、1人はまあ…どうでもよかったんですが(何)、他の2人とは割と楽しく仕事してたので、最後に飲みに行こうってことになりました。メンバーは、辞める人2人+残る人1人+私。
 行ったのは……東京は八重洲地下街の居酒屋「達磨」(だったかな?)

 …店入ってちょっと青くなった。だって、壁に1杯1500円とか書いてあるんですもの。
 ヤバイですよ。今日の昼飯、550円ですよ?
 私は何故かその時3万円ほど持ってたので大丈夫だったんですが、辞める先輩は持ち合わせが少なかったのか「押さえ気味で…」という発言がありました。
 んで、この店に連れてきた張本人が言うんですよ。この3万のボトル出してって。

 ・・・阿鼻叫喚の地獄絵図に。

 いやね、でもね、私も飲んでみたんですよ。その、1杯1500円たら2500円たら言う日本酒を。
 …ヤバイね、マジ水みたい。
 物凄く喉越しがよくて、酒特有の嫌味みたいなのがまったくなくて、大学時代に日本酒嫌いで通ってた私が、グラスをきゅっ、と片付けちゃってる。
 しかし、日本酒なのできゅっ、とやった後に視界が歪む。
 平日なのに、真っ直ぐ歩けないくらいグデングデンに酔っちゃって、しかも滅多に見せないくらいの笑い上戸っぷりを発揮。日本酒のグラスを一気してみたり、ほっけの骨だけ延々とつついてみたり、刺身のツマだけを手づかみで食べ続けたりと、傍若無人に振舞ってました。
 でも、「それだけ酔ってても絡まないのが面白いよね」とか、妙な感心されてみたり。
 それにしても、凄いんですよ。いつもなら吐いちゃうような凄い酔い方してるのに、全く気持ち悪くない。酒の気持ちよさだけがずーっと維持されて、物凄く幸せな気分に。
 この店につれてきてくれた人が言うには、「日本酒で使う米の、全体の6割(だったかな?)には気持ち悪くなっちゃう部分が含まれてる。いい日本酒は、そこ部分を全部除いて作るから、気持ち悪くならないし、二日酔いにもならない」とのこと。
 いやー、凄い。ほんと凄い。二日酔いになる気がしない。気がしないからグラスが空く空く。
 そして、気になるお会計の方は……4人で2時間飲んで65000円。

 一人1万4千円か…と思ってたら「俺おごるよ?」と言いながら、辞めていく今日の主役が、さらっと払ってくr――いやいや、まずいですってそれは。って、何ボトルの値段聞いてるんですか。そのボトル6万円とか言ってますよ? え、お買い上げ?
 …ぶ、ブルってやがる(ブルジョワなことをしてやがるの意)
 ま、まあ、相手は昼飯を食いに行くと、必ず一番高い物を頼むブルジョワです。昼から刺身の盛り合わせ定食(2600円)を頼む人は、私の人生ではまだこの人くらい。ちなみに、まだ31歳。

 いやーほんと、最高の気分でした。


 






 …実は、今日辞めていく先輩の人は、日記で何度か出してる女の先輩。
 けっこういい感じの人だなーと思って、さりげなくお近づきの機会を狙ってたんですが、最近彼氏がいることを聞き出しました。ショック。
 んで、今日がおそらく、彼女と会える最終日。
 というわけで、酒に酔った勢いでアタックかけてみた。

「いやー、彼氏いなかったらなぁ…今日当たりアタックかける予定だったんですが」
「っていうか、俺に乗り換えません? 大事にしますよ」
「彼氏と別れたら、連絡ください」

 と、聴き様によっては大人の冗談と取られかねない微妙な言い回しでアタック。
 そして、アタックするも玉砕。
 まーでもやっぱり、言いたいことは言っておかんとね。腹に溜めておくと、ロクなことがない。
[PR]
by udongein | 2007-02-01 04:07 | 日常


<< 最近読んだ本とか 世界樹(その3(?)) >>