…恐ろしい日記を書いてしまった


 とある人が相当参ってるようだったので、アドバイスっぽい日記を書こうとしたものの、過去のトラウマを暴露する凄い内容に。封印封印。
 しかし、途中で文章書くのを止める癖がつくと困るので、そういう日記はこっそり完成させてたりします。一生日の目は見ないけど。

 まーしかし、仕事のストレスと付き合うのは大変ですよね。時間に余裕がないから、なおさら。
 まだ残業がなければ、自分の時間をたっぷり取って心を癒せます。でも、残業続きだと、それすらできない。家に帰って寝るだけ、なんて生活は想像するだに恐ろしいです。
 と言っても、周りの人間にできることなんて、せいぜい遊びに誘ってやることくらいですが。
 しかも、遊びに誘う時間すらないという悪循環まで発生していた場合、手に負えない。後は愚痴を聞いてやることくらいしかできない。
 私は愚痴聞いてやるのが下手なので、とりあえずプレゼント攻勢ですが。

 とりあえず、私も辛いことがあるたびに転職を考えたりもするんですが、正直まだ自分の落ち度が明確なため、そこまで思い切れない。
 資料のまとめ方、仕事の進め方、解りやすい文章の書き方、礼儀作法。少なくともこの4つは自分が欲してやまないもので、それがこの1年で全くモノになっていないことは解りました。
 そいつを会得するまでは、まずはここにいてやってもいいかなーと思ってます。
 後は、私の永遠の課題【毎日の努力】を会得するだけです。
 昔は得意だったんですけどね。塵も積もれば戦法。

 あと、何気に会社勤めはいいですなぁ。
 管理者がいて、スケジュールが立てられて、遊ぶことのできない空間がある。
 他人の目を気にする限り、絶対に仕事が進むシステム。これは将来に希望が持てます。
 自分が何らかの形で夢を実現できた時、同じ環境を構築すれば、同じ程度の努力ができる。これがわかるだけで、働いてる意義がある。私にとっては。
 これもまあ、仕事が楽な時しか吐けない台詞ではありますが。

 とにかく、なるべくプラス思考で考えてはどうだろう。残業させられたら、なるべく残業時間を稼いでやると意気込むくらいの。
 あと、無理を通す練習。突然体調不良を訴える練習とか、翌日に説教をされても5分で忘れられる技術とか(死
 それとも、無理が通せる職場にいる自分が幸せなだけなのだろうか。
 うーん、わからん。わからんが、頑張れ。
[PR]
by udongein | 2007-04-13 00:20 | 日常


<< 趣味の合うやつとの会話は楽し さーぼーりーすーぎー >>