軽井沢の続き



 あ、そうそうその前に。
 私の中学時代の友人がブログやってるので、リンク追加しました。
 地元に帰ってたらしく、懐かしい友人達のスゲー楽しそうな光景がうpされてます。
 そういう楽しそうなことは俺が帰った時にやれよ。
 …ちなみに私は、この休日ヒキコモリ(吐血

 さて、続きを。



 28日 18時

 いよいよ高速を抜け、群馬をひた走る私とHJ。
 居酒屋の予約は19時から。余裕です。
 そんな時、予約を取ってくれた群馬の友人Mから電話が入ります。
 おお、毎回寝過ごしては遅刻を繰り返すMが、連絡をよこすとは…あいつも成長しt――え、飲み会は明日じゃないのかって?
 ヤバイ、連絡ミスだ。
 ・・・事態が発覚したのは、この日の飲み会に参加予定だった友人HIROの電話によるものでした。
 働きすぎたためでしょうか、ヤツは休日に入ると同時に体を壊したらしく、できれば飲み会を明日に伸ばせないものか、と連絡を入れてきたのです。
 連絡を受けたMはそこで初めて飲み会が今日予定されていることを知ったのです。
 …これ、私のミスでした。
 私、4月の29日を土曜日だと思っていました。
 で、友人Mには予約を取ってもらう都合で『29日に飲み会をやろう』と誘いました。
 他の友人達には『土曜に飲まないか?』とメールをしました。
 …ここに恐るべき罠が(死
 しかし、お店の人がいい人で、Mもいい人だったので、結局その日に飲み会をすることになりました。そして、私は悪い人だったので、HIROにはゴメンナサイしました。すまんHIRO。
 で、飲み会があるまでの残り1時間に、昔お世話になったアパートの大家さんに、土産を置いてくることにしました。
 私がヒキコモリでバイトもせずに暮らしていた頃、家賃を7か月分ほど滞納していた時期がありました。
 それについて大家さんは一言も文句を言わず、私の詫びの電話にも「別にいいわよー」と一言で済ましてくれました。
 …ということが3回くらいあったんだよなぁ。
 んでまあ、そういう人に土産くらい持っていくのは当然だろうと。
 HJをコンビニで待たせ、私は土産を抱えて大家の家へ。
 …あれ? なんか車が一台も止まってない。
 …よく考えたら、今はGWです(厳密には違うが)
 私が休日を利用して旅行しているように、大家も旅行に行った可能性がある。
 あ、アホだ…気づかんかった(死
 と言う訳で、メモ帖に簡単な事情と感謝の言葉を記入して、玄関脇に置いてきた。もちろん野ざらし。
 …絶対食ってもらえなさそう。









 28日 19時

 ちょっと段取りが違ったけど、笑顔で再会。我々は大人でごんす。
 どの辺りが大人かって言うと、日付を間違えて伝えてた馬鹿たれを、笑顔で許せるくらい(死
 そして、やってきた飲み屋は、大学時代にさんざっぱらお世話になった、思い出の飲み屋。無茶をやりすぎて今でも店長に顔を覚えられてる魔性の店。
 あと、金がないのに飲みに行っては友人Mにたかってた店。

 …お、おかしいな……いい思い出が中々出てこない

 まーしかし、かつては友人たちにタカりまくってた店です。しかし、私も社会人になりました。金がないとは言えません。
 というわけで今回、飲み代は全額出そうと思ってました。いやーあん時はありがとう、と。今日は俺様の奢りだ、と。
 そう言おうと思ってたのに、日付を間違えたためにゴメンナサイ奢りみたいになっている不思議(吐血
 …昔から格好のつかない男よのぉ。

 で、飲み会は昔と違い、あれることもなk…すいません、荒れました。
 今回、神戸から来ていた友人Tは、現在F社の自動車メーカーに勤めております(たぶん)
 で、関西方面で車の仕事をする以上、必ずT社が絡んできます。彼の会社の規模はかなりのものですが、こと車に関してT社には頭が上がりません。
 …さながら、彼の会社の立場は中間管理会社。上からは「納期を守れ」と丸めた設計書で机をバンバン叩かれ、下からは「んな納期守れっかー!!」とスパナを投げられ追い散らされる日々(※注 イメージです)
 彼の会社の立ち位置からすると、上には「簡便してください」と頭を下げ、下には「この納期で何とかお願いします」と頭を下げる感じです。
 …なんつーか、こえーですね。
 ちなみにTは国立理系院卒という肩書きを持つため出世街道まっしぐらです。つまり、あと数年働けば中間管理会社の、中間管理職に!!
 おめでとうT! 休みないとか乙だぜT! もう3次元の女は諦めて、仕事と結婚しろよT!
 …って言ったらTの顔が青黒いなって目が血走ってたので、トイレに逃げました。
 マジやばい。やばいよ。マジで。マジ(マジ)



 29日 0時

 もはや社会人の愚痴をこぼす席というよりは、友人Tを励ます会と化した宴会場は、まさに阿鼻叫喚の地獄絵図。危うく下々の願いが通じ、ビルの隙間から大天狗さまが現れて、唾液と鼻くそでマンハッタンの町を破壊し始めるところでしたが、何とかその前に友人Tの溜飲を下げることができました。
 んで、勘定は私が全払いしたので、他三人の奢りでカラオケへ行くことに。
 今回、いい感じに酒の入ってた私、かなり快調に歌ってました。カラオケも久々なら、こんなほろ酔い気分も久しぶり。
 これはいい、この調子なら朝まで歌い続けられそうだ、と思ってたら寝始めるTとHJ。

 きーさーまーらー!!

 んもう、何て子達でしょう! 私のサタデーナイトフィーバー(日付変わったから日曜だが)を台無しにするなんて。
 Mよ、こうなっては仕方がない。最後の手段だ!
 と憤慨やる方なしと言った風情で私が取り出したのはハチワンダイバーでした。
 で、気づいたら寝てました。すいません。
 んで、翌朝いい感じにグロッキーになった我々。
「龍園(マーボの美味い店)行くって言ってたけど、行くー?」
無理
 と、自分で立てた計画を、ジャイアンばりの傲岸不遜さで突っぱねる私。っていうか、群馬くらいまた何度でも来てやっから今は寝かせてくれとか素で思ってた。ダメ人間にもほどがある。
 で、最後に持参した漫画を友人達に配ったりしました。

配ったものは

友人M:皇国の守護者1~4 、 ハチワンダイバー1~2
友人T:Working1~3
友人HJ:GA芸術家アートデザインクラス 、棺担ぎのクロ 、ドージンワーク1~3

 でした。
 言っては何ですが、友人Tへの土産だけ浮いてます。ごめんT、それしか残ってなかったんだ(死
 ちなみに、あげてもいいような本なの? とかしたり顔でツッコミそうな輩がいれば、先に言っておきましょう。これは布教用のストックだぜ!
 フハハ! 俺はまたひとつオタクへの階段を踏み外した!!

 …ほんにこの世は修羅道よのぉ(吐血




 …そんなわけで満喫してきました、軽井沢への――いや、南東北への旅。
 見知らぬ土地への旅ということで、また行ってみたいと思います。
 もっと金がたまったらな。
[PR]
by udongein | 2007-05-04 00:45 | 日常


<< 最近読んだ本とか 忘れない内に >>