<   2003年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ここ数日、申し訳ない


 ここ数日、自分の小説関連の話題ばかりで、興味のない閲覧者の方には大変申し訳ないと思っている。
 が、何しろバイト→執筆→読書→睡眠→バイトというサイクルで日々を生きているため、あえて日記に書けるようなことが自分の精神論しかないのだ(核爆)
 今までの書けなかったストレスの反動からか、話題は執筆関連のみ、テンションは妙にハイ、と影ながら人に不快感を振りまいていないかが心配である。
 自分が充実していると他人の事を気遣えなくなる私の悪い癖だ。私に対して遠慮は要らないので、意見や苦情は直で言って欲しい。直せそうなら直す(核爆)

 しかし、〆切りにせっぱ詰まってくると、机に5時間10時間座っていられる人が羨ましい(爆)
 いや、私も座っている事だけならできるのだが……5時間10時間に意義を持たせることが中々できない。
 そこのところは、私の生涯で他に類を見ないほどの努力人である友人から色々と聞き、少しずつものにしていきたいと思っている。
 あの男は、それが必要とあれば一人でドミノ倒し世界記録に挑めると思せずにはいられない、生粋の努力人である(核爆)
 いつかそうなりたいものだ。
[PR]
by udongein | 2003-11-30 21:17 | 戯れ言

実は私、けっこうな怖がりです。



 霊感、超常現象といった類をあらかた信じているせいか、心霊写真など見ると背筋がぞわぞわしてしまうのだ。
 平素から直感に頼るような生き方をしているため、気配や視線を感じたりするのは割と得意である……と自分では思っている(爆)
 少なくとも視線に敏感な人、というのは理解できる人も多いのではないかと思う。道を歩いている途中、後ろを何気なく振り返ると、後ろの人と目が合う――それは後ろの人の視線を感じたからである。もっとも、挙動に対して相手が反応した場合もあるから、全部が全部そういうわけではないのだが。

そんな怖がりですが、
[PR]
by udongein | 2003-11-29 21:18 | 戯れ言

クリスマスまで1ヶ月を切りましたが


 執筆の方は思ったほどはかどっていない。
 数日前に大口を叩いていた身としては非常に恥ずかしいのだが、事実は事実である。私にもはや恥という言葉は存在しない(爆)
 以前から、根気を養うつもりで始めたこの日記とレビューだが、執筆に対して支障が出ている感がいなめない。
 もし最後の19日間において時間を欲した場合、日記・レビューともに休止させていただこうと思う。
 と言うより、レビューの方が深刻なネタ切れになっており、ままならないのが現状だ(爆)
 なんとか折り合いをつけてやっていこうと思う。

これだけでは味気ないので
[PR]
by udongein | 2003-11-28 21:20 | 戯れ言

アマゾン.comに頼んでいた本が届きました。



 中山かつみの新作さ(満面の笑顔)

 マジキューコミックスってどんなんやねんと思ってたら、発売してる本の9割8分くらいがアンソロジーとファンブックだったりして、他人のフンドシで相撲取ってるわけねとか突っ込んでしまう性格の悪い自分がいる(爆)
 ともあれ、中山かつみファンとしては、コミックス出してくれるだけで感謝である。
 エンターブレインは結構嫌いじゃないので、今回のこれでまた私内での株が上がった感がある。髭の偉い人は今後も頑張ってほしいところだ(爆)

続きはこちら。
[PR]
by udongein | 2003-11-27 21:21 | 日常

才能。


 本を読んでいると、著者の才能を感じる事がある。
 才能があると感じれば、その人物のファンになる。私の場合は著者の才能を信じて、対象人物の全作品を集めようとしたりする。途中で見限る事もしばしばだが、概ね満足できるのでこの方法は有効だと思う。
 逆に才能がないと感じる事もある。シリーズを通して買った物でも、評価できないような場合がそうだ。大抵の場合はどこか「微妙」といった感が拭えず、次の巻や作品を買う事はほぼない。
 私の知人に言わせれば、「世の中に才能はなく、ただセンスがある」そうだ。
 この場合の才能とは『持って生まれた資質』の事で、センスとは「その道を為すにあたっての感性」の事だ。
 要は自分の生まれ持った資質の有無に一喜一憂するくらいなら、常に感を磨いておけという話である。

そうは言っても
[PR]
by udongein | 2003-11-26 21:22 | 戯れ言

今日も雨だ。


 どこかへ出かけねばならぬ時に雨が降っていると、凄まじく困る。自転車以外に移動手段がないからだ。 あまり雨は好きではない。
 外へ出れない窮屈さと、どうにも耳障りな音。外に出れば服が濡れ、湿気を含んだ空気が鬱陶しい。薄ぼんやりとした暗さも好ましくないところだ。
 が、雨を見るのは好きだったりする。
 なんと言うか……花を見る時の、雪を見る時の、そういう感じ(意味不明)
 無為な時間でありながら、それを無駄と思わせない何かがあると思う。
 私が本当に嫌っているのは雨でなく、雨を静かに観賞できない環境なのだと思う。
 外へ出れない事は、自転車だからこそ言える事である。車の免許でも取れば、少しは考えも改まるだろう。もちろん新しい問題も増えるだろうが。
 音にしても、雨の落ちる音が嫌いなのではない。車が道路の水を弾く、あの音が嫌いだ。
 あれこそが雨の日の鬱屈さを演出する最低の音なのではないかと思う。
 こういう時、常日頃からの願いを再確認せずにはいられないのだ。

 すなわち――山奥に庵を構えて、四季と共にひっそりと暮らしたい、と(核爆)

 枯れた20代であるな。
[PR]
by udongein | 2003-11-25 21:23 | 戯れ言

寒い…


 今朝から物凄い寒波が押し寄せてきている。
 今年はコタツもヒーターも当てにしていないため、布団のみで体温を保っているような状態である。もう布団から出られない。完全布団ヒキコモリの誕生である(爆)
 しかし、世の中上には上がいるのだ。
 北海道しかり、ロシアしかり、アラスカしかりである。

 アラスカは-40℃とか出てるらしい(吐血)

バナナで釘が~のランクですね。
[PR]
by udongein | 2003-11-24 21:24 | 戯れ言

パンク発見。


 昨日の朝10時前、買い物をしようと思い自転車にまたがったところ、パンクしているのを発見した。
 タイヤを悪くしないために、徒歩で自転車屋まで持っていく事にする。
 大体15分くらいでついたそこは、17時までかかると言われた。不機嫌そうな顔で現れ、いらっしゃいも告げずに9時間後を指定する店に頭を下げるなど、私のプライドが許さない。
 まだ閉まっていた、私の家に近い方の自転車屋まで戻る事にする。
 10分ほどでついたそこは相変わらず閉まっていたので、空き地に自転車を止めた後、スーパーに行く事にする。更に戻って5分。

続きはこちら。
[PR]
by udongein | 2003-11-23 21:26 | 日常

今日は少々絶望しています。


 クレジットカードを持っていない事で、これほど口惜しい思いをせねばならぬのかと。
 悔しい。悔し過ぎる。

 クレジットカードの破滅的噂は幾つも聞き及んでいる。
 ずぼらな買い物計画による支払いの頓挫、情報漏洩による理不尽な損失、詐欺や盗難など、およそ嫌な噂しか聞こえてこない。
 ならば持たない方がずっとましだと思っていた。

 が、今は絶望している。

何がって。何がって。
[PR]
by udongein | 2003-11-22 21:27 | 戯れ言

ここ3日ほど執筆が滞っています。


 プロットはさっきようやく立てたので、後は書くだけでよいのだが。
 質さえこだわらなければ、クリスマスまでには余裕である。
 今のところ1話のみ公開予定だが、脳内で設定が爆発的に膨れ上がっているため、容量と質によってはそのままメディアワークスに出してしまおうかと思っている。
 設定は今のところ3話分確保だ(爆)

しかし、問題も。
[PR]
by udongein | 2003-11-21 21:29 | 戯れ言