<   2004年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

本日にて、一旦サイトの更新を停止します。


 思えば10月末。兄者に説得されて「継続することに必要な根気」を養うことを目的に始めたこの日記。
 やむを得ぬ事情があった場合を除き、時々手抜きがあったりしても、よくぞ続いたものである。


 2月の予定だが、家に帰って勉強をしようと思っている。
 日記と同じで「継続は力なり」。例え1時間でもいいから毎日勉強をすることで、脳味噌を再び学生に戻さねばならない。


 休み中に用事がある場合、残念ながらまったくお相手できない。
 実家にはネット環境はおろか、PCすらないのだ。暇地獄が目に見えていて、今から恐ろしい。
 メールチェックは一番遅くて3月15日辺りになるので、そのように思っていただきたい。帰ってきたら、もちろんこちらにて報告する。


 ゲームを持っていこうかとも考えたが、あくまで今回の目標は勉強。本末転倒にならぬためにも、ここは持っていかないのが得策だろう。
 その代わり、積み本の類をまとめて持っていこうと思っている。
 どうせ暇をつぶすなら、より有益である物を選びたい。


 事故死などしなければ、3月帰ってきた時に、再開するつもりである。
 気長にお付き合いいただきたい。
[PR]
by udongein | 2004-01-31 16:27 | 戯れ言

歳をとると物忘れが激しくなるという。


 他にも歳を取ると……という言葉が連発されているが、勘違いしてはいけない。物事には必ず前兆があるのだ。

 物忘れの場合、「何かをしようとして立ち上がったけど、忘れてしまった」というのがある。これがある人、歳をとってからボケるので、気をつけなさい。
 予防法は「必ずその場で思い出す」。私の場合、思い出すまで10分でも15分でも考え込む。立ちあがるまでの流れを思いだし、連想させて思い出すのだ。

 指を鳴らしていると関節が太くなるという。
 あの音は指の関節を圧迫することで関節の毛細血管が圧迫され、血液の気化爆発によって骨が砕けている音だ。
 キャビテーションというのだが……とりあえず、骨が砕ける→修復するのコンボで骨はどんどん太くなる。なぜ太くなるのかわからない人は想像力が足りないので、考えてみよう。ヒントは「毛羽立っている」。
 老後は骨の修復にも時間がかかるため、今のうちに鳴らす癖を直すことをお奨めする。

 他には鼻をかむティッシュ、というのもある。
 鼻炎持ちは鼻に接触する回数が尋常ではない。ここで金がもったいないから、とトイレットペーパーや新聞紙などで鼻をかんでいると、瞬く間に赤鼻のトナカイさんになるので、ぜひとも注意してもらいたい。
 酷い人は25過ぎにはもう直らなくなる。



 これらの話題はキリがない。
 老後のことを考えて今から栄養バランスを考えたりしていては、かえって心労がかさむというもの。
 健康に気を使って使って使いまくっていた母のご友人が、不摂生な母より先に病気になった例もある。
 日々のちょっとした時にふと思い出す、くらいが丁度いいので、皆もほどほどに気をつけてほしい。
[PR]
by udongein | 2004-01-29 16:28 | 雑学

今日もバイトです。


 最近新人が二人ほど入り、若干忙しくなっている。
 来月一杯バイトを休む私なので、ひそかに育成期間の面倒から逃れられてほっとしている。
 二人とも性格が内向的なので、コミュニケーションが取りにくいためか、他の人からの評判は不評。
 返事が「あ……」「あー…」しかできないのは、人間としてどうかと思うので、改善してもらいたいものだ。
 バイトが使えるか使えないかの境目は、結局能力や要領のよさではなく、コミュニケーションが取れるかどうかだと思う。
 返事の大きさ。人の話を聞けるか。「ごめんなさい」と「ありがとう」の使い分けも大切だ。
 絶対に「すいません」を言わない新人くんは、もうちょっと頑張ってほしい。

 それでは、行ってまいります。
[PR]
by udongein | 2004-01-28 16:29 | 日常

市民税の申告をせねばなりません。


 世のお坊ちゃんお嬢ちゃんは知らぬことだが、二十歳を超えれば誰でも届いているのだよ、これ。
 パパンやママンが当たり前のように処理してくれているので、お家に帰ったら肩でも揉んであげるように。
 私の場合、住民票をこちらに移してあるため、大抵のことは自分でやらなければならない。
 大学に入学したての頃、配られた冊子に「住民票は移しておくと何かと便利ですよ」と書いてあったため移したのだが……便利なことなどひとつもないな。

続きはこちら。
[PR]
by udongein | 2004-01-27 16:30 | 日常

むかしむかし、あるところに一匹の竜がいました。


  大きな竜はキラキラ光る宝物を集めるのが大好き。
 竜の寝床は、そんな彼の集めた財宝で埋もれているのでした。
 竜は財宝の散らばった部屋が好きでしたが、友達の竜はそれを見ると、いつも眉をひそめます。
「財宝は綺麗に並べると、もっと綺麗になるよ」
 それもそうだと思った竜は、集めに集めた財宝を整理することにしました。
 しかし、整理整頓など数えるほどしかやったことのない竜です。
 あれを片付け、これをここに置き、とやっている内にねぐらは片付くどころか、どんどん汚れていくのでした。
 しかも運の悪いことに、世界を酷い寒波が襲います。
 風の入ってくる場所を結界で塞ぐと、いよいよ寝る場所もなくなってしまうのでした。
「これは困った……仕方ない。整頓の上手いあいつに、どうにか頼んでみよう」
 お仕事の最中にあった友人に、竜は何度も頼みます。
 食事を採ってきてあげるから。
 宝を分けてあげるから。
 そんなさして価値のない取引を、友達の竜は苦笑しながら引きうけてくれます。
 友達と一緒に整理をすると、瞬く間に部屋が片付いていきます。
「ありがとう、ありがとう。お礼にこの秘宝を貸してあげよう」
 竜は部屋の中で唯一にしてもっとも価値の高い宝を、友人に託して感謝の気持ちを表すのでした。

[翻訳]
[PR]
by udongein | 2004-01-26 16:31 | 戯れ言

生の本質は、死ななければ語れない。


 生きていることを説明するなら、死の概念を語らねばならない。
 生きていれば必ず死ぬし、死なないものは生きてもいない。
 生きることの実態とは、すなわち、この厚さ0の生と死の境目にある。



 私の大好きな話。
 こういうのを読むと、死なない程度に死にかけたくなる。
 もちろん、純粋な知識欲というポジティブな意味で。
 言葉にして一語でありながら、万の文を並べても語り尽くせない。
 それを知りたいと思うのは、誰でも同じではないだろうか。
[PR]
by udongein | 2004-01-25 16:31 | 戯れ言

2/1より帰郷します。


 正月帰ったばかりでご苦労様といった風情だ。
 1ヶ月かそれ以上あちらにいるため、このページもしばらく休止させていただく。
 最近カウンタの回りがいいので少々惜しいが、仕方ない。
 あちらに行ってやることは決まっているのだが、それ以外にも積んでいた本を読んだり、次の話を書いたり、今までの話を纏めたり、猫と戯れたり猫と戯れたり猫と戯れたりしようと思う。

 猫、最強。

 将来的には融通の効く環境を整えて、猫を飼おうと思っている。
 猫のいない人生など、玉子のないおでんのようなものだ。
 私が一時不調であったのも、猫がいない環境が悪かったと言っても過言ではない。
 うーん、猫最高……。



 はて、何の話だったか。
 まあいい、そういうわけでよしなに。
[PR]
by udongein | 2004-01-24 16:32 | 戯れ言

気を抜くと10時間以上寝てしまいます。


 普段はタイマーをかけて5,6時間をキープしているのだが、心労や疲労が重なると、時々こうして深い眠りにつく。
 差分の4時間で何ができたのだろう、などと惜しむことしきり。



 1/4。
 群馬に戻るため、地元のローカル線の切符を買う。
 友人Sと一緒に。
 冗談かと思っていたが、本気で群馬まで来るようだ。
 特急券を買おうとすると、「金がもったいないから、急行でええやん」とSが言う。
 これも経験かとその提案を呑む私。

かくして地獄は始まった。
[PR]
by udongein | 2004-01-23 16:33 | 日常

小手川ゆあの「ライン」を読みました。


 10分? 15分? 読み終わってみて、あまりの早さに驚いてしまった。
 それくらいスピード感があって面白い。
 誰にでも手放しでお奨めできる、かなりの逸品。
 探してでも読みなさい。

それとは別に
[PR]
by udongein | 2004-01-22 16:33 | 地元

最近私ってば、怠けすぎ?


 自覚してるぐらいならちゃんとやれよって感じですが、今日も部屋の掃除はしないし食器は洗わないし、でダメ人間っぷりを発揮。
 でも、だからってゲームばっかりやってるわけじゃないんです。
 今日は意外なメールがきてたから8bit級の脳みそを高速回転させてみたり、買った本を読んでみたり、サイト巡回してみたり、リンク更新してみたり。
 頑張ってはいないけど、何もやってないわけじゃない。

 今日も今日とて自己弁護。見苦しいやね。

 これで終わるのもなんなので、今日はお料理の話。
 おでんの秘密。
 おでんはご家庭で作る場合、みんな弱火で何時間も煮ますよね。
 あれをやっても大根は煮崩れるし、味は染みないいし、であまり効果はあがりません。家庭の鍋じゃ仕方ない、なんて思ってません?
 それは作り方が間違ってるんです。
 おでんはまず、中火で具に火が通るまで煮ます。そして、大根に火が通った頃に、強火にするんです。
 強火ですよ、強火。
 で、5分くらいそれはもうぐらぐらと煮立てた後、火を消して鍋を下ろし、新聞紙を巻きます。
 新聞紙を巻いたらタオルケットか毛布を巻いて、完全保温。更に熱を逃がさないために座布団の上においておきます。
 これで半日ほど置いておくと、あら不思議。大根も卵も、味が染みている。
 逆に出汁として使われる練り物系、昆布系はほとんど味がなくなってしまいます。それらが好きな人は、出汁用と食用で分けて、後で温めなおす時に食用の練り物を入れるといいでしょう。
 上記から、必ず出汁用の練り物は入れてくださいね。味が違いますから。



 よし、埋まった。
 バイト行ってきます。
[PR]
by udongein | 2004-01-21 16:34 | 食事