<   2004年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

音楽を聴いてると気持ちがいいです


 あの気持ちよさは、音楽特有のモノだと思う。
 歌詞が頭に入って。素晴らしいテクニックを感じて。
 そんな複雑なモノでなくて、もっと単純なモノ。
 たった1秒のメロディ。一番深いところで繰り返されるリズム。好きな、音。
 人間が気持ちよくなるための材料。
 だからいい音楽を聴くだけで、こんなにも幸せに思える。



 そしてそれが、私の目標。
 ひとつメロディを聴いて幸せになれるなら。
 ひとつの文章を読んで幸せにすることもできると思う。
 情景が浮かぶ。内面をよく表している。語呂がいい。
 そういうのを超越した、言葉にできない「文章の気持ちよさ」を書きたい。



 とりあえず、目標は高く。
[PR]
by udongein | 2004-03-31 16:11 | 戯れ言

ご友人の洩らした一言を覚え書き。



「20を過ぎた男は、夢を語らずに、野望を秘める」

 今日の気持ちを忘れないために。 

さて
[PR]
by udongein | 2004-03-30 16:28 | 雑学

最近入ったバイトの一人が


 クリエイターを目指していることが発覚。
 昔、ジャンプに漫画を描いて出したこともあるらしく、顔を合わすたびに何かと話すようになった。
 そんな中で、

「Zさんは漫画書くとしたら『売れるキャラ』と『描きたいキャラ』のどちらを描きますか?」

 と、質問された。
 愚問だなぁと思うわけで。
 いやね、「媚び」は必要だと思う。
 例えばジャンプで漫画を描く時に、女の子を一人は存在させた方がいいとは思う。戦争物を描く時には必ず精鋭が必要だと思う。
 でも、ジャンプで描くために無理して、「戦い」や「闘魂」を描くのは間違ってると思うのだ。
 もし「戦い」や「闘魂」を描くことが好きなら、ジャンプに応募するのがいいだろう。
 だが彼の言葉はどうしても「ジャンプで描く」ことが目的であり、『戦いを描く』ことが目的に聞こえないのだ。
 『クリエイターの勲章』がほしいだけで、『物を作ること』を目的にしていない。

それは間違ってるのではなかろうか。
[PR]
by udongein | 2004-03-30 16:12 | 日常

シェイクひとつのために、片道25分。


 今日はチャットで話題の出た「コアラのマーチシェーキ」を飲みに、ロッテリアまでお出かけ。
 ちなみに自転車で片道25分。
 店員の男が『愚鈍』が服着て歩いてるような奴だったので、若干不快におもいつつ、シェーキはおいしくいただいた。
 うん、微妙。
 22歳男子が頼むにはちと冒険気味なトッピングだった。

その後はお買い物
[PR]
by udongein | 2004-03-29 16:12 | 日常

飲み会が終わった。


 メンバーは努力の紳士O、奉仕の男HIRO、ハードスモーカーMM、ダーク属性H、無類の収集家HY。
 特にHとHYが来ることは聞いていなかったので来ると知った時には驚いた。
 今日は二日酔い+荒れた部屋の後始末があるので、その辺りの話は明日以降にしたい。
 結論としては「絡み上戸のやつと飲むと疲れる」ということだろうか。はい、疲れました。
 バイトもあるので、その前にやっておかねばならぬこともある。
 申し訳ないが、今日は短縮更新で。



 あ、そうそう。北陸土産の「からし蟹明太」は非常に美味かったです。
[PR]
by udongein | 2004-03-28 16:13 | 日常

昨日の日記にひとつ間違いが。


 あの日はそのまま家に帰ったので、続かぬ。
 別の日に遊びに行った武勇伝はゆっくりとまた書こう。



 今日は友人達と宴会の予定。
 私はもともと「友達」と「親友」を分ける人間なため、今回呼んだ人間は3人。
 本当はもう一人呼んでやってもよかったのだが、距離の関係で誘っていない。悪いな、H。前貸した本とゲームはその内返してね。
 さて、さりげなく催促しつつ、話を元に戻そう。
 今日は夕刻か夜から酒盛りを始めるつもりだ。
 卒業祝い&お別れ会なので、酒の肴は私が調達&調理の予定。
 情報科の2人は大学院に行くことが決定しているため卒業祝いだけでいいのだが、機械科の友人は就職が決まり、来月から愛知の人になる。
 はっきり言ってどうにも情けない気分だが、それと祝福は別問題。
 同じ科の人間で、4年間最も深く付き合ってきた男との別れであるから、それ相応にもてなさねばならぬ。

 というわけで、明日は昼間から宴会の準備をする予定。
 と言っても、料理を作るだけだが。
 今現在確定なのが、努力の紳士Oのリクエストである肉じゃがとサラダ。
 それとチーズと青葉入りのチキンカツ。
 鳥皮揚げともやし炒めも外せない。
 後は料理の本でも見ながら、何か手の凝った料理を1,2品見繕うつもりだ。
 次はいつ会えるかわからぬ以上、新天地へ行って「Zの料理が懐かしくてホームシックに」などと素晴らしい状態になる準備を整えておかねばならぬ……ククク(哄笑
 そんなわけで、今日の日記は短めに。
 明日は「ドキッ☆ 漢だらけの脱衣宴会」とか書けるかもしれないので、お楽しみに。
[PR]
by udongein | 2004-03-27 16:14 | 日常

帰郷の回想


 バレンタインの話を語ったついでに、帰郷した時のことを。



 あれは2月の24日頃だっただろうか。
 暇で暇でしかたがなかったため、友人Tに電話をかけた。
「おう、暇か?」
「ん、忙しい」
「嘘おっしゃい」
「いや、ほんま。ジャンプ読むのに忙しいんやって」
「間違ってるで、キミ」
「いやいや、ほんまに忙しいんやって。会社の課題があってな」
 夕食後から午後11時までならOKということで「気が向いたら電話する」と言っておく。
 で、夕食後に電話。
 迎えに来てくれるよう頼むと、しばらくして電話が。
「出てくれ」
「了解」
 会話終了。

そして移動
[PR]
by udongein | 2004-03-26 16:15 | 地元

昨日の続き。


 午前1時半に帰宅した我ら兄妹。
 父母は明日仕事であるため、既に就寝している。
 はて、そう言えば……

「おまえ、仕事は?」
「8時には出やなあかんねん」

 なぜそこまで。
 さすが妹、恋に生きる女。その情熱にはただただ圧倒されるばかりだ。
 「男にモノ作るのは嫌い」
 と言いながら、影でこのように努力する姿は、何やら胸を打つ物がある。
 微力ながら手伝うのも悪くあるまい。

――クッキングスタート。
[PR]
by udongein | 2004-03-25 16:16 | 地元

昨日の続き。



「松阪行こう」

 その一言で、北へ北へひた走る兄妹。
 所詮他人事なのでのんびりと世間話をする私と、今ごろになって焦り始める私。
「ケーキ屋で買ったチョコケーキに、シュガーパウダーかけて包めば?
 わざと多めにかければ、手作り感出るかも」
 冗談で言った言葉に黙り込む妹。

 人を堕落させるのは楽しいねぇ(悪魔

 そうこうしている内に、スーパーに到着。
 が、何も見つからず。
 次の店、次の店と進む内に、だんだんと周囲の景色が違ってきた。

「このままやと、津まで行きそうやな」
「もう入った」

あわわわ
[PR]
by udongein | 2004-03-24 16:17 | 地元

今年のバレンタイン


 さて、三月も半ばを過ぎた頃なので今更という感じだが、バレンタインデーはいかが過ごされただろうか?
 この男子の尊厳をかけた祭りは、3世紀頃のローマ皇帝クラウディウス2世が、民衆に蔓延していた徴兵忌避の思想に対して作った「兵士の結婚を禁ずる」という法に疑問を覚え、皇帝に隠れて男女の結婚を祝福していたイタリアの聖人バレンタインの処刑された日だ。
 その頃迫害されていたキリスト教がローマ国内で爆発的に普及する原因となったのはこの事件のおかげで、彼が処刑された4年後の313年には新しい皇帝コンスタンティヌスによって、キリスト教はローマの国教となる。
 これが後にヨーロッパの2月15日のお祭り「ルペルカーリア」と一緒に祝われることになり、女性が意中の男性に想いを込めたカードを贈る、という習慣ができるのである。
 と言うわけで「チョコなんぞ配るのは日本だけなんだよ。くだらねぇ!!」と心の中で叫んだあなた、間違いだ。チョコがカードに変わるだけであなたのポジションは変わらない。

それはともかく
[PR]
by udongein | 2004-03-23 16:17 | 地元