<   2004年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Dear.こげんたを読みました。



 本気で人を刺せる量の怒りが体中を駆け巡ったので、以後封印。
 知らない方は「松原潤」で検索かけましょう。

長くなるので、隔離。
[PR]
by udongein | 2004-08-31 16:27 | 戯れ言

病院へ行ってきました。


 首の打ち身だか捻挫だかが1ヶ月経っても痛むからです。
 で、以前は脳外科に通っていましたが、今回は整形外科に行くことにしました。
 かなり待たされることが予想されたため、メディアファクトリー文庫の新人賞受賞作「世界最大の小人」を読んで待つことに。
 なんだか自分の文章に似た「堅さ」を感じ、淡々とした印象を受けました。内容は微妙。
 そうやって2時間くらい待たされた後、私の番が回ってまいりました。
 以前事故に遭った時の記録も準備されており、「手足に痺れは?」「手は自由に動かせる?」「腕は上げられる?」と前もやったような質問をされます。
 「首が腫れてるんです」と言っておいたのですが「ま、大丈夫でしょう」と一言で返され、「何ならレントゲン撮っておきます?」と冷めた口調で言われたので、辞退。
 結局、首には一度も触らず、湿布だけ処方されて帰ってきました。
 それだけ大したことがないんでしょうね。
 というわけで、田舎へは安心して帰れそうです。予定は9月の3、4日から18日まで。その間は更新できなくなりますので、ご了承ください。
[PR]
by udongein | 2004-08-30 16:28 | 日常

 最近涼しくなりましたね。



 何年か前の夏は9月の半ば頃まで暑さの続く、長い夏だった気がしますが、今年はもう9月に入る前からこんなに涼しくなっています。
 思い出してみると、6月頃は暑かったかもしれません。季節がずれてきているのでしょうか。


 というわけで、とうとう羽毛布団を出してしまいました。
 毛布2枚とあわせて、完全冬装備です。これが出ると飛躍的に睡眠時間が延びてしまう困り者なんですけどね。
 布団が気持ちいい季節は気持ちよく過ごせるので、寒い季節は大好きです。
 9月に突然暑くなる、なんてこともなく、このまま涼しく過ごせると嬉しいのですが。

 あと、涼しい季節は物が腐りにくくていいですね。
 私がよく作るシチューやハッシュドビーフ、マーボ豆腐など、夏の暑い盛りに作ると必ず表面から腐り始め、食べれなくなってしまうので、作れなくなってました。それも夏の終わりと共に解消です。
 ああ、涼しい季節万歳。私の愛する季節万歳。


 というわけで、戯言で今日の日記を埋める。忘れていたのじゃよ。
 最近ネタがないから……奇奇怪怪やってますとか話題にならないし。
 レトロゲー万歳。
[PR]
by udongein | 2004-08-29 16:28 | 戯れ言

野良猫発見。


 買い物の帰り、ふと道端の駐車場を見ると、猫が座っていました。
 私の猫センサーは暗がりでもわずかな空間の揺らぎを感じて、確実に猫を補足することが可能です。
 で、舌で「チッチッチッ」と音を出すと、こちらを見る猫。体は大きいですが線が細いので、まだ生まれて1年も経ってない子猫だとわかります。
 よく見ると隣りの駐車場にある車の下で、兄弟らしき猫が3匹いました。
 「こうして出会ったのも何かの縁」ということで近くのコンビニで猫缶4缶を購入。
 戻って最初の猫に近づいていくと、やっぱり逃げようとします。
 そこでもう一度舌で「チッチッチッ」と音を出すと、「ミャーーー」と鳴いて近寄ってきました。

 か、可愛い…(興奮

猫はええどすなぁ
[PR]
by udongein | 2004-08-28 16:29 | 日常

落書き落書き。


 昨日の落書き。
 途中まで書いて、全体の話を漠然と考えてみたら、なんかからくりサーカスのオマージュみたいなのになったので、封印。
 雰囲気はあっても面白味はないね。
 チャットメンバーには乙女チックと呼ばれましたが、羞恥プレイっぽく。


 私の書く話は、主人公が女の子であることが多いです。
 もちろんヒーローとヒロインという見方をすれば重要性は男女で等価なんですが、書いている時の単一の「主人公」は女の子であることが多いです。
 これは私の女性心理好きによるものです。

女の人の見方、考え方って好きなんですよ。
[PR]
by udongein | 2004-08-27 16:30 | 戯れ言

ビバ、インドアラー


 今日も今日とて、友人とふらふら遊んでました。
 インドア派にふさわしく、場所はゲーセン。
 最近のゲームで食指をそそられるものが少ないため、エスプガルーダなどやっていたのですが……ふと隅の方を見るとファンタズムが(ゲェー
 あまりの懐かしさに、さっそくプレイ。
 ちなみにどれくらい懐かしいかと言えば、製作がジャレコで発表が1990年。それくらい懐かしいです。
 ゲームを知らない方に説明しておきますと、ある日彼女と歩いていた少年の目の前に黒服の男達が現れ、彼女を誘拐。抵抗しようとした主人公は射殺されます。
 で、死んでしまった主人公ですが、主人公の彼女の父親は心霊学の博士でした。 主人公は幽体のまま自我を取り戻し、博士の力を借りて他人の肉体に憑依して操る能力を使い、彼女を助けに行くというものです。

プレイレビュー
[PR]
by udongein | 2004-08-26 16:32 | レビュー

外見って大事ね。


b0045204_2063136.gif そんなことより俺の頑張りを見てくれ。
 ちなみに小さい弾は縦ではなく、横に動きます。なめんな(つД`)



 さて、今日はネタもないので、マイナーなニュースをネタにうんちくでも。

 インドの寺院で尻尾を持った赤ちゃんが神様の生まれ変わりとして、人々にあがめられているそうです(リンクはExcite翻訳)

 確かにこれは猿の尻尾ですね。中国で売られてる猿の黒焼きの尻尾と同じです。
 その画像もリンク張ろうかなと思ったけど、やめておきます。ぶっちゃけグロ画像だし。犬の肉煎餅とか一緒に映ってたしね。

 閑話休題。
[PR]
by udongein | 2004-08-25 16:36 | 戯れ言

23日の続き。


b0045204_16262031.gif
 そんなことより俺の頑張りを見てくれ。
 所得枚数が1/65なのは気にしないように。




 さて、昨日の続き。
 順番待ちを有意義に過ごし、とうとう我々の番がきました。
 この店は本格とんこつラーメンがウリの店で、麺が普通麺、博多麺、バリ固、ハリガネ、粉落としという五つの麺が選べ、替え玉もできます。
 とんこつラーメンのほかには、とんこつ醤油とご飯ものが少し、という硬派な店で、味は格別です。
 友人の奢りということで、とんこつラーメンの卵増しを注文し、待つこと数分。
「とんこつラーメン、卵増しのお客様ー」

 来たー!!
[PR]
by udongein | 2004-08-24 16:38 | 日常

22日の続き。


 アップするの忘れてました(爆)


 疲れて眠っていた私、電話の音で目が覚めました。
 ピッ(電話を取る音
「おーう」
「おーう」
 プチッ(切る音

 外に出ろということらしい(ぉ

 で、外に出ると、友人Mの車が止まってました。
 助手席に座っていた友人HIROが、私の姿を認めて口を開きます。
「ねぇ……あのやり取りに、何があったの?」
「え……わからないの?」
「普通わかるよなぁ」
 友人HIRO、敗北。
彼のポジションは、概ねこうです。

そして車はスタートしました。
[PR]
by udongein | 2004-08-23 16:39 | 日常

友人とラーメン食いに行きました。


 午後の2時を回った頃、友人Mから電話がありました。
 今日は帰郷してきたMと飯を食いに行く日。当然、電話の内容もそれ関係に違いありません。
「おっす」
「うぃーッス。俺、今から車のオイル交換行くけど、どうする? おまえが行ってもつまんねーと思うけど」
「ああ、行かねぇ。待ってっから、終わったら電話くれや」
 違ってました。
 車関係だとしばらく時間がかかるので、しばらく暇がです。
 で、まったりと読書をしていると、電話が。
 相手は雑貨屋でした。
「ご注文いただいた便座が届きましたので、お暇な時におこしください」
 渡りに船とはこのことか?
 微妙に誤用してる気もしますが、ちょうどいいことに違いはないので、さっそく自転車にまたがって出かけました。

行くぞ業天号!
[PR]
by udongein | 2004-08-22 16:40 | 日常