<   2005年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

友人襲来。


 というわけで、友人が遊びに来ました。
 それ自体はいつものことですが、今日は土産がありました。

 ジョジョの第三部まで(28巻)と、カイジ全巻。

 そんな日本で最もネタにされる漫画のナンバー1と2を持ってくるとは、恐ろしい男っ!(ズキューン
 ちなみにナンバー3はクロマティ高校。
 しかも紙袋を置いて、言った台詞が
「やるよ。要らなかったら、売っちゃってくれ」
 おいおい、誰に向かって物を言っている。
 本を売れる性格してたら、6畳間に本棚10個も置いてねぇ
 そんな訳で、皆集まって何をしたかと言えば、全員で読書という有り様でした。
 あ、集まった意味、あるんか?
 私が彼らの性格を熟知しているため、自分の持ってるどの漫画がウケるか分かってるのが運の尽き。
 気付いたら夜中の3時まで延々本読んでました。

 …け、健全?(死
[PR]
by udongein | 2005-03-31 11:12 | 日常

外に出るのが怖い…


 今年も花粉症の季節です。
 昨日、用事で動き回っていた私に襲いかかった、悪夢の粉。奴らは私のまぶたを刺激し、謎の化学反応でかゆみを誘発させるのです。
 め、目を開けてられん…
 鼻水は風邪ひいてるので、この際どうでもいい。問題は目。一にも二にも
 私の友人に、やれコンタクトがずれて傷ができた、やれ何とかで目蓋が腫れてきた、だのと苦労してる奴がいますが、そいつの気持ちが少しはわかります。目の辺りの異常は本当に辛い。

 なんと言っても眠くなる。

 え…何か違う?
 まーでも、目がかゆい(痛い)と、目を閉じたくなるじゃないですか。楽だし。
 そうすると、知らない間に寝ちゃってたりして、大ショック。オラの時間を返せって感じ。
 一番怖いのは、手段と目的が入れ替わることですが。
 これは逃避癖のある人のパターンです。目が痒いから、目を閉じる。すると寝てしまう。
 明日までにレポートやらなきゃいけない。でも、今日は花粉症で目がかゆいから、寝てしまおう。仕方がないよね。

 仕方なくないよね。

 つーわけで、お外に出ない事に決めました。
 ビバ、ヒキコモリ。腹が減った時だけ、人里に降ります。
[PR]
by udongein | 2005-03-30 10:17 | 日常

朝早くに起きる弊害


 今朝も早くに目が覚めました。
 最近、夜11時には寝てしまうせいか、7時前に目の覚める生活です。今日も6時半に起きて、読書してました。何だか優雅です。
 さて、早起きすると午前の時間が使えて、それだけで得した気分になるのですが…最近、弊害も出てきました。
 それは、スーパーが開いてないことです。

 …いや、前日に買い置きしておけばいいだけのことなんですけどね。

 私、独り暮らしですので、食事は食べる分だけ買っても問題ないんですよ。今までそれでやってきましたし。
 何より、このやり方だと肉が腐らない。ご家庭の主婦の皆さんが陥りやすいこの罠も、冷蔵庫がほぼ毎日カラの私には無縁です。
 そんな私に立ち塞がる、スーパーの開かない時間。
 ちょっとした拷問です。起きて何かを食べたいのに、食べる物が前日に作ったぜんざいのみとか、やってられません。
 戸棚には何かないでしょうか…お、ひじきの缶詰が。

 ひ、ひもじい・・・

 …ちなみに、コンビニで何か買うのはタブーです。
 こっちは預金残高1万円切ってる貧乏人ですので、あんな高い場所で買い物などできません。
 スーパーが開くまで、後30分…(ゴゴゴゴ…(腹の音)
[PR]
by udongein | 2005-03-29 08:43 | 日常

作業再開


 しばらく手を止めていた作業を再開。
 やっぱり創作畑の人間として、物を造るのは楽しいですね。
 しかも今回は、アイディア一本のガチンコ勝負。自分の文章と発想を所定文字数に詰め込んで、評価してもらうわけです。
 燃える物があります。
 自分の才能を表現するのは、過去何度も試みた事です。恥ずかしながら、そういう賞にも出した事があります。
 今回のこれも、自分の将来に繋がる大事な物。これを楽しむ余裕が、今の私にはあります。もっと早くから準備しておけば、とは思わないでもないですが、自分がごく当たり前のように努力している様は、我ながら気持ちいいです。ナルシスト言うな。
 時期がきたら、そういうのを公開するのもいいかもしれませんね。笑われそうですが。

 しかし、自分が表現する段になると、「なぜこの程度しか」と思うほど内容が貧相になりますね。
 これは才能のあるなしというよりも、道具の使い方うんぬんだと思います。
 よく言われる表現ですが、人間は誰でも面白い人生の一面、ドラマのような行動、考え方を持っています。
 まず「これで何か話を作ってみよう」と思うか思わないかが、作家と普通の人の違い。
 それと同じように、「これとこれを使うと面白い」というのを気付くか気付かないかが、面白い作家とつまらない作家の違いだと思います。
 ストーリーは魅力がある。やりたい事も伝わってくる。画力もいい。でも面白いと絶賛できない。そんな作家があるように、どこかズレがあるのがつまらない人のポイントです。
 そういうタガが外れた場所に行きたいですね。


 さて、途中で話が変わりましたが、しばらくまた頑張ります。
[PR]
by udongein | 2005-03-28 01:50 | 日常

今日はお休み


 風邪に負けて、ただれた文章書くのが許せなくなってきました。目的意識のない文章は、書いてて楽しくないので、今日はもうお休みです。
 普段はクスッと笑ってもらえる文章、読みやすい文章を目指してたりします。
 が、昨日の日記は山なし意味なし落ちなしで落ち込む事しきりです。こういう文章ばかり書いて、あまつさえ癖になりでもしたら、切腹ものです。

 しかし、この風邪はいつまで続くんでしょうね。
 今まで何度も風邪ひいてきましたが、熱がなくなって咳が変わらない勢いで出るというのは、初めてです。体に無理させすぎたんでしょうか。確かに、バイトのある日は、一日一食だったしなぁ。
 そうそう。最近の風邪薬には、睡眠薬って入ってないみたいですね。
 病院で薬もらう時に「眠くならない奴をくれ」と言ったら、先生が物凄いハテナマークを浮かべてました。赤っ恥もいいところ。
 あー、早く治ってくれ…
[PR]
by udongein | 2005-03-27 13:53 | 日常

ヤバイ。


 ここ数日、だらけ過ぎました。
 気付いたら4月も終わりそうなこの時期に、体調の事があったとは言え、何もしない日が三日以上。
 これ以上は熱があろうがサボれないと思ったので、溜まってた掃除、洗濯、洗い物と布団干しを一遍にやりました。
 階段上り下りするだけでふらついたりして、何気に体力が落ちてます。

 まず布団干しですが、敷布団が舞い上がるほどの剛風の中、布団鋏で固定。群馬の春だから、仕方がないのです。
 汗を吸った布団が、乾いてくれるのを祈りつつ、次は洗濯です。

 洗濯は洗濯機に入れて回せばいいだけなので、楽です。風邪の間ろくにできなかったので、下着、部屋着、タオルの3回に分けて洗濯。
 そして、洗濯をやっている間に、食器洗いです。
 これが一番面倒です。私の部屋は友人たちの宴会場になる時があるので、食器が多め。こういう風邪の時にも役立つんですが、その分のツケが後から回ってきます。
 皿20枚、お椀8個、鍋3個、フライパン5個というのは、いつ見ても独り暮らしの洗い物には見えない。

 で、洗い物をしながら、様子を見て洗濯機を弄る。洗い終わったら水を入れてすすぎ、脱水機に入れて干す。
 下手すれば2、3時間は軽くふっ飛ぶ荒作業です。



 さて。
 それらが全て終わり、さぁ休むか、と外を見ると…んまぁ、雪が。
 苛めだ…
 大急ぎで布団を中に入れましたが、北風を形にしたような冷たさの布団が出来上がりました。
 こういう時は……不貞寝しか。
 結局、洗い物と洗濯しかしない一日でした。
[PR]
by udongein | 2005-03-26 12:53 | 日常

続き


 …を書こうと思ったが、あの時も熱があったためか、あんま覚えとらんのだよね。
 つーわけで、予定変更。最近読んだ、素ッ晴らしい漫画の紹介。

○パンプキン・シザーズ(講談社:KCDX 岩永亮太郎)
 戦災復興を目的とする部隊:パンプキン・シザーズのお話。主人公は「存在しなかった部隊」の生き残り、ランデル・オーランド伍長。
 腰にぶら下げたランタンに火を入れると、痛みも恐怖も感じない、ゾンビ野郎に変身。戦車をゼロ距離まで近づいて仕留めるという、およそあり得ない戦闘方法で、戦っていく様が素敵。あり得ないけど、本当に素敵。
 絵の描き方も「どういうシーンを見せたいのか」がビシビシ伝わってきて、それはそれは面白い。どういうのがかっこいいか分かってて、よく考えて描いてるのがわかります。
 あと、パンプキン・シザーズの他の面々も、非常に面白い性格・考え方があって面白いです。3巻では特にお嬢様が輝いてましたね。
 割と黒い部分もありますが、オススメ。


○BLOOD ALONE(メディアワークス:DC 高野真之)
 読んでると、凄くニヤニヤしちゃう話。うん、どうしてかは読めばわかる。一回読んでくれ。
 話の面白さについては、微妙。
 前に「セラフィック・フェザー」について、「察する努力を強制する話は、読んでいて疲れる」と書いたけど、これもそういう話の作り方だから。
 説明がなくて淡々と進んでく話とか好きな人、オススメ。
 まーでも、魅了の話を読めば、そんなことどうでもよくなるかも。それくらい、あの台詞はインパクトある。
 萌えとか求める人は、即買い。あざといくらいに萌えだから。


 最近読んだ漫画では、このふたつが一番だな…後、ハヤテのごとくと。
[PR]
by udongein | 2005-03-25 12:26 | レビュー

体調は微妙


 たかが風邪、されど風邪。
 馬鹿は風邪をひかないと言うけれど、馬鹿じゃなきゃここまで長引かないよなぁ、と思ったり。思わなかったり。


 さて、そんな生活を続けておりますと、寝汗やら頭痛やらで、寝ることもままならなくなってきました。
 仕方がないので、睡眠薬でも買ってみる事に。
 しかし、体力の低下した私は、外に出るのも辛いです。苦肉の策として、友人HIROに頼んでみることにしました。
 全角50文字までしか打てないメールを、次のように送信。

『今、学校? もしそうなら、悪いんだけど薬局まで行って、睡眠薬売ってるか聞いてみてくれない?』(学校のすぐ側に薬局がある)

 終わって10秒もしない内に電話が。

 あー、何やら勘違いさせたらしいです。

続きはこちら。
[PR]
by udongein | 2005-03-24 11:14 | 日常

ひたすら、風邪風邪風邪…


 今朝起きても、全くよろしくない状態。
 病院でもらった薬は確かに効いてるようで、一昨日くらいに比べれば格段に楽でしたが、それでも辛い状態でした。
 仕方ないので、今日予定していた東京行きの用事をキャンセル。ショックっていうより、情けなくて泣けてくる。
 それでも体を元気にしようと、一日ずっと寝てるんですが、昼を過ぎてから凄い咳が出るように。下手すると呼吸ができなくなる。それくらい。
 明日もバイトの予定でしたが、今日の予定もキャンセルしたんです。今さらそんな行けるか~とばかりに電話したら、運悪く店長が出ました。

 案の定、説教。

続きはこちら。
[PR]
by udongein | 2005-03-23 18:15 | 日常

病院、行ってきました


 もう2週間近く引きずってる、この微熱。いい加減、合併症とかが怖くなったので、病院へ行ってきました。
 熱はあっても足はなく、フラフラしながら自転車を運転。何だか自分が可哀相な子に思えてきます。
 で、朝の8時に病院到着。ゲホゲホ言いながら診察券を出し、ひたすら待ち続ける事一時間。
 やっと先生方が出勤してきます。

 …いいご身分でらっしゃる。

 その頃には椅子が満席になってまして、気の短いお年よりなどは聞こえよがしに嫌味を言い続けます。
 ごめん、おじいちゃん。うるさいから。
 大体、看護婦に聞こえても、お医者先生には全く響かないので意味なし。

 しかし、なんでああも時間がかかるんでしょうね。
 初診で外来とはいえ、8時に来た私が10時まで待たされました。検査も含めると11時。
 しかも初診な上に、肺炎の可能性とかでレントゲン撮ったのが影響して、お値段5600円。薬含めれば7000円近く。虐めか?


 つーわけで、ヘロヘロになりながら帰ってきたわけですが、今日一番ショックだったのが…

 預金残高が1万円切った事

 しゃ、洒落にならぬ…
[PR]
by udongein | 2005-03-22 16:49 | 日常