<   2005年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

文庫


 私の好きな作家さんに「梨木香歩さん」がいるのですが、文庫は5冊とも揃えてたりします。
 民族・風習的な事の記述はさほど面白くないんですが、人物の考え方や行動が面白くて好きです。読む人によっては逆かもしれませんけど。

 読みやすさで言えば、ダントツで「西の魔女が死んだ」をオススメします。これは本を読まない方にも勧められる、読みやすい話です。文章がさっぱりしていて、内容もわかりやすい。

 「エンジェル エンジェル エンジェル」も比較的読みやすいです。
 ボケが進行したお婆ちゃんと、軽い精神病を患った孫の女の子。二人はガラスケースに入ったエンジェルフィッシュを眺めながら、少しだけ話をする。
 お婆ちゃんの永い永い後悔が、ままごとのような会話の中で、ひっそりと解決していく過程を描いた、非常に面白い作品です。

 逆に「裏庭」辺りは難解な解釈もあり、最初に読むにはオススメしません。もっとも、私の読解力がないだけかもしれませんけど。

 さて、そんな梨木さんの本ですが、新しい文庫が出てないかと検索したところ、文庫になってない書籍が10冊以上出てきました。
 不覚です。
 忙しくなくなったら、バイトを頑張り小金を貯めて、全てそろえようかな、なんて思ってます。
 皆さんも、自分の好きな作家さんは、一度検索かけてみた方がいいですよ。時々、意外な物を書いてたりしますから。
[PR]
by udongein | 2005-04-30 11:25 | 戯れ言

また日記忘れてたー!


 ギャース!
 もうすまねッス。落ち込みまくってる人とかが押しかけて、もう大変ッス。俺も余裕あるわけじゃねえんッス。明日もバイトッス。
 まー、そんな感じで最近は千客万来。空いた時間で学校の用事。土日はバイト。ギャース!
 ごめんなさい。本気で最近手抜きでごめんなさい。
 つーか、確実にアクセス数減ってきてるんですよね。
 三日前なんてとか出てて、笑いました。
 1日6て。4時間に一人ですよ。一年で2190HITですよ。本サイトとあんまり変わらねぇな。
 ゲフゲフン。


 まー、本気で最近すいません。
 雛鳥達の世話焼いてたら、雛鳥に先に羽ばたかれたりしてて心中よろしくありません。素直に祝福しますけど。
 なるべく楽しい文章書けるように頑張りますので、これからもごひいきに。
[PR]
by udongein | 2005-04-29 22:09 | 日常

二日も空けてしまいました。


 体調不良と言うか、何と言うか。
 ネット自体繋いでなかったんですが、友人から二日も更新がないから、事故でもあったのかと思ってと電話を食らいました。深読みしすぎ。


 で、そんな中、昨日は友人達と遊んでました。
 飯を食った後、皆でダラダラ雑談してたんですが、なぜかスーパーファミコンウォーズをやる事に。
 …ここはなんてレトロな家なんだ。
 この部屋では、未だにスーファミ全盛期です。隣りではプレステ2が埃を被ってます。
 三人しかいなかったので、4人用マップを選択し、ひとつをプレイヤーなしにして、戦闘開始。
 私はこのゲームに慣れてるので、微妙なコツを押さえつつプレイしてたんですが…友人達には新鮮だった模様。関心されました。
 そして、関心されたのが運の尽き。微妙なリードを保った時点で、妙な雰囲気になりました。

友人H「HJ……こっちから攻めてくれよ

( ゜Д゜)<結託しやがったー!?

 

続きはこちら
[PR]
by udongein | 2005-04-28 12:17 | ゲーム

不思議不思議


 最近、どんな時間に寝ても、10時に目が覚めます。
 0時に寝ても、10時起き。昨日は5時に寝ましたが、10時起き。
 おかげでバイトや学校の日でも、目覚ましかけなくなりました。いつか大ポカやるかもしれませんが。


 しかし、私にはこれをはるかに凌駕する、恐ろしい特殊能力があります。
 それは猫を見つける能力。
 これが凄い。本当に、超能力かってくらい凄い。

 道を歩いてて、猫を見つけるのは当たり前。
 外食中、二階の窓から民家に目を向けたら、窓を開けて外に出てくる猫を発見する。
 夜道に、全く見る必要のない横道に目を向けると、猫が道路を渡っていたりする。
 車の下や木の上など、隠れているような猫でも、なぜか目線が合う。

 これ全部、マジ話です。
 ぶっちゃけこれを応用すれば世界を狙えると思うんですが、私は平和を愛する人なので、これからも猫発見器でいます。



 あー…ちなみに、見つけるのと近寄れるのは別ですので、触れた猫はほぼ皆無です。
 こ、心が寒い…
[PR]
by udongein | 2005-04-25 11:30 | 戯れ言

ひなたぼっこに行きました


 昨日は友人HJが、学校の用事ついでに寄ると言ったので、二人揃ってお気に入りの場所に行く事にしました。
 土曜だから人がいる事を心配していましたが…見事に誰もいません。別の意味で不安だな。
 途中、おいしいパン屋でパンを買っておいたので、ここで昼食です。
 風が少し強かったものの、近くに水が流れ、空は晴れ晴れとして暖かく、芝生の感触が心地よく、二人で日光浴などしていました。

 いやはや、何かの少年漫画のような清清しさですね。

 そんな二人の交わす会話は…当然、この大自然に負けないくらい清清しいものでした。
「就活、全然進まなくてさ…」
「俺、下手したら実家帰らないと…」
「最近、正直彼女が重荷なんだよな…」
「研究室の先生、何とかしてほしい…」

 清清sコンチクショウ。

 無理よ、無理! この時期の大学生が、爽やかな話題なんてできないわよっ!
 昨日一日休みなら、まだダラダラできたのですが、私はバイト、奴は学校。息抜き程度にしか休めません。こ、コンチク(ry

 あーでも、パンがおいしかったです。1000円くらい使ってしまった。
 それにしても、早く心休まる日々になってほしいものです。
[PR]
by udongein | 2005-04-24 10:34 | 日常

祖母の話。


 私の祖母は、英国人でした。
 記憶にあるのは、鈍く光る白髪と、濁った青い眼。私が物心ついた時、祖母は既にかなりの歳だったのです。
 穏やかな人で、私が小型犬のように走り回る中、庭の片隅に植えたジャスミンの花に水をやり、ニコニコと微笑んでいたのを覚えています。
「この花は、私の実家にあるのと同じ物なんですよ」
 私の頭を撫でながら言う祖母の顔が、なぜ悲しげなのか、私は長い間気付かないままでした。
 ただ、その顔を見て、胸が苦しくなるのを感じたものです。
 それでも祖母が、まるでジャスミンに語りかけるように言う英国の話を聞くのが、私は大好きでした。
 美しき英国。遠い彼方にある国の、祖母の実家には広い庭があり、ジャスミンの花が咲いていたそうです。
 私の家は、祖父が事業に失敗し、多額の借金を抱えています。その花は、嫁いでからとうとう一度も英国に帰れなかった祖母の、唯一の絆であったのだと思います。
 そのためか、祖母が亡くなってからも、私はジャスミンティーを愛飲しています。
「これが、私の故郷の香りよ」
 その言葉と共に思い出すのは、庭の片隅で咲いていた、青臭い緑の匂いです。



 …以上、フィクションでお送りしました。
[PR]
by udongein | 2005-04-23 03:39 | 日常

友人が、真ゲッターの最終話を見せてくれました。



 正直、ちっとも興味がなかったんですが…人間、付き合いも必要だと思い、鑑賞。
 今までの話は見てないんですが、どういうテーマでどういう状況かすぐわかるわかりやすさがいいですね。ヒーロー物っぽくて。
 それで、まず思ったのが……ゲッターロボの操縦桿ってウォークマシンみたいね。

 ↓こんなの
b0045204_20132159.jpg





 とりあえず、ビームはボタンひとつで出ろよと、心の中でツッコミ入れてました。

そして、物語は佳境に入ります。
[PR]
by udongein | 2005-04-22 20:28 | 戯れ言

ただいま、勉強中


 えー…現在、友人たちが面接の練習に来ています。
 メンバーは以下の通り。

・友人HJ:明日面接
・友人H:明日面接
・友人HIRO:来週辺りに面接

 全員イニシャルがHというこの日記にちっとも優しくないメンバーおまえら、名前変えろ。
 特にHIROは、ある人の威圧面接の話をしたら、吐きそうになってたので、今日は本当は、息抜きさせる予定だったんです。絶対奴は、仕事のし過ぎで胃に穴が空くタイプ。

 しかし、ハナから「なんとでもなるから、遊びに来た」Hと、「おまえの家だと、遊んじゃうから行きたくない」と言いながら遊びに来るHJとは違い、やっこさんの本気は100%。
 遊びに誘うつもりだった私は、HIROの真面目オーラに飲まれて、いつしか面接官になってました。
 しかも、調子こいて「俺、全部アドリブで答えられるから」とか言ってたら、逆に質問攻めにあいました。
 全部答えてやったがナー。

いやはやしかし…
[PR]
by udongein | 2005-04-21 16:20 | 日常

実はねー



 最近またムラムラっと、オンラインゲームをやりたくなったんですよ。
 原因は何だったか…ああ、ニートの友人にUOの話をされた時だ。
 なんでも彼、超危険ダンジョンの真ん中で、自作の家具並べてお茶会するのが日課らしいです。
 さすがUO…キムチ産のクリックゲームしか経験のない私には、全く想像できない世界だ…
 どうも私、そういう職人気質みたいな話が好きなんですよね。
 街の片隅、いつも同じ場所に店を開いて、ひたすら自作ポーション売ってるとか、そういうのが大好きなタイプ。
 意外に地味な自分がいます。

 もっとも、キムチ産クリックゲームでは、必死かつ自己中な人達が多すぎて、もう一度あの渦中に飛び込む度胸はありません。ぶっちゃけ、トラウマ。

 もちろん、最大の難関は金と時間ですが。
 ゲームはおろか、バイトの時間すら取れてない現実(吐血
[PR]
by udongein | 2005-04-20 00:30 | 日常

ちょっとブルー



 事故りました。







 …目の前で他人が(ぉ
 放物線を描いた眼鏡が、私の足元をかすめていきました。
 で、最初に思ったのが「めんどくせーなー」でした(鬼
 まー、そのガキが…信号が青になった時、発進する車の間を縫って道を渡ろうとしたら対向車線の車に轢かれるという、呆れて笑う事もできん轢かれ方したせいでもありますが。

続きはこちら。
[PR]
by udongein | 2005-04-19 02:29 | 日常