<   2006年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ち、チゲーよ



 最近、毎日ブログ更新してるわけですが、それを見た友人に「おまえ、会社辞めたん?」とか言われました。
 ストレートに言おう。馬鹿野郎。



 …でまあ、そんな馬鹿野郎は放っておいて、今日の話。
 つっても、ネタがないんだけれども。
 あーそう言えば、体調悪かったの、たぶん先週の土日くらいからだったんでしょうね。
 土日と言えば、私の住んでる部屋に新しい人がやってきました。
 女性同伴でやってきたんですが、それがお母さんなのか恋人なのか判断しかねる外見でして…まあ、放置。
 しかし、そんな彼らは引越しの手土産とでも言うのでしょうか。我らがカビだらけの台所をピッカピカにしてくれるという素晴らしい偉業を成し遂げてくれました。
 更に翌日、お風呂も掃除してありました。か、神か。
 思わずうなるほど素晴らしい青年ですが、私が洗濯機の場所教えーの、スーパーの場所教えーのしてあげたので、少し懐いてしまった様子。
 日曜の晩にノックの音がするのでドアを開けてみると、青年がやってきて「奢るんで、今から呑みに行きません?」とか言ってくる。
 そして、断る私。きっと体調のせいですよ。きっと。
 っていうか、私と付き合いの長い人ならわかるかもしれませんが、私は社交的だけど人見知りが激しいという厄介な属性を持ってます。
 この属性の特徴は、親しい人間か、全く付き合う気のない人間にだけエンターテイナーになることです(死
 もしかしたら、長い付き合いになるかもしれない。なんとなくお友達になろう的雰囲気を漂わせてる。
 そんな相手には物凄い人見知りする。
 っていうかこれ、一線引くと言った方が正しいのかもしれんが。


 最近なんて、自分ひとりの時間をできるだけ取るために、同期の友人達すら滅多に部屋に入れなくなってたりします。
 しかしなぜか、毎週のように遊びに誘われる謎の現象が発生。
 あと、全く知らない人間からも親しげに挨拶されるのも不思議です。
 この間、顔を覚えてる同僚と一緒に歩いてたら、またしても知らない人に挨拶されました。今の誰? って聞いたら、おまえ、研修の時に班一緒だっただろと言われました。ヤベエ、覚えてない。

 まー、私くらい社交性があって、インパクトがあって、誰からも一発で覚えられるようなキャラクターをしてるとね、物凄い交友関係が広がるはずなんですよ。
 しかしこの、人の名前が覚えられないのと一定レベルの親しさの人間がすぐ他人に変わる性格のために、人脈は狭まる一方。
 …うわ、言っててすげー貧相だ(死



 というわけで、今日の穴埋め文章終わり。
 自分で書いてて訳がわからなくなるくらい、支離滅裂だった。
 あれだ、うん、眠いし。
[PR]
by udongein | 2006-06-29 01:48 | 日常

熱、引かず


 いや、引いてるのかもしれないけど、体温計がないのでよくワカラン。
 しかし、これ以上休むわけにもいかない予感がするので、今から出社です。
 あと3日でまた休みと思えば、何とかなりそうな気もしないでもない。
 
[PR]
by udongein | 2006-06-28 07:18 | 日常

今日も風邪


 今日も熱が引きませんでした。
 つーわけで、散々迷った末、上司にメールを送りました。大雑把に書くと、こんな感じ。
『今日も熱があるので、休ませていただけないでしょうか?』
 まあ、普通。
 普通なんですが、最大の欠点は末尾を疑問系にしたことでした。
 つまり、相手の承認待ちになるってことです。
 返事を待つ間に、出勤しないと間に合わない時刻になってしまったため、スーツ姿で出かける私。
 そして、電車に乗って二駅ほど経過したところで、上司からOKの返事が。
 …電車を降りて引き返す私。
 我ながらちょっとバカっぽい。


 で、今日は寝て起きて、ちょいと知人に頼まれた本の和訳とかやってました。
 期限はけっこう先なんですが、翻訳文の作成って半ば創作に近いものがあるので、中々楽しかったりします。
 またしても言語の勉強はやってませんが、ご愛嬌。


 あーしかし、明日には直ってるといいんですけどねー。
 
[PR]
by udongein | 2006-06-28 00:12 | 日常

熱が出ました


 クーラーかけて寝たせいでしょうか。今朝の体調は最悪でした。
 しかも恐ろしいことに、スーツに着替えようと思ったらクリーニングに出したの、忘れてました。
 ヤベ、今日着ていくシャツが一 枚 も な い
 仕方が無いので、上司に「私服で行きます」メールを送り、出社。
 しかし、今朝に限ってなんかこー、電車乗ってても階段上ってても、ダルくて息がし辛い。仕事してる間に、物凄い頭痛もしてきました。
 でまー、隣りの人が風邪をうつされたらかなわんとでも思ったんでしょうか。リーダーに言って、帰ったら? と言ってくれました。
 ああ、珍しくセキが出ないので、メンタル的な問題かと思ってた。
 そして、ごねる私。
「いや、俺まだ新人なんで、半休使えないんスよ」
「たーぶん大丈夫だと思うよー」
「でも、あと4時間くらいですし」
「そんな状態で仕事しても、成果でないって」
「でも、他のみんなも、熱あっても会社来てますよ」
「いやー、こういう場合は帰った方がいい」
「給料下がりますし」
いいから帰れ

 まるで意味のない問答につきあってくれて、ありがとう先輩。

 で、上司に報告。
「すいません、体調悪いんで帰っていいですか?」
「ん、わかった。半休でつけとくわ」
「いいんスか?」
「来月で調整してあげるよ(来月から試用期間終了だから)」

 SUCCESS!!(ダイナマイト刑事風に

 …本当は画像を探してたんですが、見つかりませんでした。何やってんだ、私。
 なんかこー、うちの上司がわかってきた。無愛想で説教が長いのはきっと誰にでもそうで、割と融通の利く人っぽい。
 つーわけで、お家に帰りました。


 たぶん、日ごろの疲れがちょっとずつ溜まってたんでしょうねー。ストレスとか。
 で、今寝て起きてチャーハン作ったところ。
 明日までに直るといいなーと思いつつ、今までの経験からしてあり得ないので、明日はどうしようか考え中。
 …休もうかな(ぉ
[PR]
by udongein | 2006-06-26 21:04 | 日常

ネタがない



 ん~…何の話をしようか。
 あ、そうそう。この間買ったクーラーの工事が終わりました。
 実は事前に了承を得ず、勝手に取り付けたので、一瞬だけひやっとしました。
 まーでも、むしろなんで社会人の寮にクーラーがないの?って感じでしたから、文句は言わせませんが。
 新品で最近の型のやつを買っただけあって、こいつがすこぶる快適です。前のクーラーと言えば、スイッチのオンで最大、オフで停止という代物でした。寝るからちょっと涼しいくらいを演出してほしくても最大火力。調整できないという意味で、性能は100円ライターにも劣る年代物でした。音も凄かったですし。
 しかし今度のクーラーは消音、省エネ、調整可。最初はちゃんと動いてるか心配になったほどでしたが、蒸し暑い時間にきっちり働いてくれました。
 いやーしかし、これで21インチブラウン管ディスプレイの放熱に苦しむ生活ともオサラバですよ。
 っていうか、今まで熱暴走でモデムがよく落ちてたんですよ。
 もうね、これ一本でオサラバオサラバ。
 通帳の中身も(ry
[PR]
by udongein | 2006-06-25 10:08 | 日常

説教食らっちまったい


以前の日記で、「私、まだ本気出してない」と言いましたが、この言葉がどうにもひっかかったらしく、友人に問いただされました。

「本気じゃねーって言うけど、じゃあ今までやってきた事はお遊びか?」

 あー、言葉が間違ってたやねー。
 えーと、言い直すと、こう。

「あれを私の最高傑作とは呼べない

 コレ。
 あなた、生涯お話書いてキマシター、私それ読ミマシター、あなたの限界コレデスカー?
 と聞かれたら、あれが俺の本気であってたまるかと答えちゃうのが私の性格。
 というわけで、あの後に一言付け加えるとよろしかろう。
「オメーの度肝を抜くような作品書いてるから、それ読んでからいいやがれ!」
 と。
 安易にギブアップ宣言するなら、3,4年前にやってまんがな。
 っていうか、半ば諦めた人間は通勤の往復1時間半を読書に当てて、仕事の休憩を1日30分取るようにしてそこで執筆して、家に帰って飯作るのと風呂の時間を差っぴいて、勉強の時間を2時間にして睡眠時間を4時間半にすれば、執筆の時間が一日3時間は取れるなんて試験勉強みたいなスケジュール立てたりせんのじゃー!!



 ああしかし、誰かが応援してくれるってのは嬉しいやねぇ。ずっと一人で頑張ってるつもりだったけど。



 あーあと、「他人に迷惑かけない程度に、ニートになりたい」発言についても、言及されましたが、洒落に決まっとろうが。
 大体、ニートが他人に迷惑かけない条件は「死ぬほど貯金を貯める」以外ないんだから、宝くじでも当たらん限り不可能。
 借りに真面目に計画立てたとしても、20年以上かかるわい。

 …まあ、昔マジニートになりかけた前科のある身として、真面目に心配されてしまうのは、仕方ないか。
 うん、仕事とか、まだ投げ出したいほど頑張ってないから、大丈夫よ(違
[PR]
by udongein | 2006-06-24 00:58 | 日常

これが社会人のパウヮーよ



 注:今日の話は、無駄にテンションが高いです。





 最近、暑くなってきましたね。
 未だに長袖スーツを着てる私、毎日シャツはベトベトです。これ、普段は自分で洗濯してるんですが、さすがに襟元の汚れが目立ってきたんで、クリーニングに出すことにしました。
 それで、シャツを抱え、財布をポケットに突っ込んで、じゃあ行くかーと家を出たところ……子猫を発見しました。
 ヤベエ、こいつは寮に住み着いてる2大勢力のひとつ、モノトーン一家じゃないか(全員白黒の5人家族)
 びっくりして、逃げ忘れたんでしょうか。こんな間近に見れたのは、初めてです。これは挨拶のひとつでもしておかねばなりません。
 というわけで、「チッ、チッ、チッ、」とやったところ、興味を示します。うわ、脈有りだ。
 しかし、近づくと逃げようとしますから、これは人懐っこいのではなく、よっぽど腹が減ってるんだろうな、と。

 というわけで、全力ダッシュ。

 ・・・えー、猫好きの方にしかわからないと思いますので、注釈をつけさせていただきますと…野良猫ってのは、まっこと一期一会でございまして。ちょろっと見かけて、餌をやろうとコンビニによって戻ってみるともういない。
 それで一時など、野良猫にあげる用の猫缶を携帯してました。

 

でまあ、とりあえずクリーニングへ
[PR]
by udongein | 2006-06-23 20:51 | 日常

スパロボ終了



 第4次スーパーロボット大戦(SFC)をやってました。
 主人公はリアル系でプレイ。
 初回版だったので、マップ兵器で味方を殺すと経験値とお金が手に入ります。それを利用して、ヒュッケバイン登場直後にフル改造+主人公が2回行動できるレベルに到達するという。
 …んなことやってたんで、萎えました。典型的ダメプレーですね。
 と言っても、ゲーム自体は面白いし、やり直しをしたいとも思ってるんですが…1日3時間以上プレイする危険性のあるゲームは、社会人ルールによって、封印です。
 私が3時間以上かけていいものは、もう仕事の勉強と、執筆だけなんですよ。フフ、フフフ…(吐血


 と言いつつ、今週1週間の合計勉強時間3時間に満たない状態なのがヤバいネー。
 執筆は…えっと、仕事のあいm(ry
 ゲフゲフン。

あとはまあ、再開の時の備忘録みたいな?
[PR]
by udongein | 2006-06-22 22:02 | ゲーム

最近気になってる漫画




 漫画を売っぱらってから、あまり漫画を買わなくなりました。割と早いサイクルで続きが買える本と言えば「のだめカンタービレ」「ハヤテのごとく」の2つくらいです。
 後はパンプキン・シザーズとか、ヘルシングとか、コーセルテルの竜術士物語とか、ヴィンランド・サーガとか、1年に1冊出れば御の字系です。
 でまあ、続きを買うことはない(できない)けれど、続きが読みたくて仕方が無い本とかをダラっと紹介。

長いよ
[PR]
by udongein | 2006-06-22 00:17 | 戯れ言

だいぶ前の話なんですが


 私の住んでる場所は、資源ゴミ以外は毎日回収のパラダイス。捨てたい日にゴミが捨てれるこの環境は、私のように排水溝にハエが湧いたらゴミを捨てるタイプには最高です。
 でまあ会社へ行く前、その汚染物質を捨てにゴミ収集所へ行ったところ…バッグが捨ててありました。
 …うわ、めんどくせぇ。
 ものぐさな私ですから、出勤はギリギリまで遅らせます。そんな時に見つけた、女物のバッグ。しかも、ちょいと中身を覗いたら、財布まで入ってます。
 さあ、どうすっべ。





 …というわけで、ものっそい早足で交番まで届けに行きました。
 何もやってないのに、どこか近寄りがたいその場所の戸を潜ります。
「どうされました?」
「落し物です。出勤前なんで、手短にお願いします
 我ながら不遜な言い方だよなと思いましたが、向こうさんもプロなので華麗にスルー。
 じゃあ中身を確認しますねーと言ってバッグを開けると、中から出てくる出てくる、保険証に定期、財布の中身はもちろんなくて、化粧道具にあら、携帯まで。
 定期に名前も書いてありました。何とかさん女性:38歳。さぞやお困りでしょう。でも、私も遅刻しそうでお困りです。
 あと、その日は運悪く別の用事も重なってました。前日遊びに来てた会社の友人が、私の部屋にカバンを忘れまして。今日の朝、電車の中で渡してくれと言われてたんです。
 そして、事情聴取の途中でおもむろに外へ飛び出し、「天野(仮名)ーーーーー! カバンーーーーーーー!!」と叫ぶ会社員(25)。もう注目の的です。
「あれ、何やってのこんなところで?」
いや、別に
 ……これだけ聞くと何かやらかしちゃった感のある会話です。
 で、持ち主が見つかった時に一割請求するかしないかを聞かれ(もちろん放棄)、念のために住所と名前と電話番号を聞かれ(断る時間がなかったので白状)、最後に「持ち主の方がお礼を言いたいと言った場合、この情報を教えてもかまいませんか?」と聞かれました。
 とっさに悩むのが、ネットオタク。
 でも、一瞬言い淀んだ時に警官と目が合い、その瞬間なぜか「断ったら、疑われる」と思ったので、OKしました。
 …さっきから何だろう、割といいことしてるはずなのに、この焦燥感。

 そして後はお決まりの、駅まで本気ダッシュ。
 会社には間に合いました。

その後
[PR]
by udongein | 2006-06-20 23:00 | 日常