<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日でいったん仕事収め

はー今年も頑張りましたわー。
今年の年末は大した作業もなく、平穏な正月を迎えられそうな予感。
実家帰って、猫でもいじり倒すべ…。




鬼物語 (講談社BOX)

鬼物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN

講談社 2011-09-29

あ、れ…?
えっと…あれ、おかしいな…凄く優しくて幸福な物語が続くと思ってたのに、なんだろう…作中の言葉じゃないが、今まで優しさで目を瞑られてきた部分をグッサグサと突付いて、片っ端から綺麗に解決していってるようなこの状況は…。
いや、今回も優しくて幸せな物語ではあったのだが…読後のこの凄まじい喪失感をいったいどうしたらいいものか。
そしてこの、更なる悲しみを思わせる文章はいったい…時期としては1月以降なんだろうか。羽川は既に海外に行ってて、千石は卒業式の日を待ってて、八九寺はこんななっちゃって、ガハラさんもたぶんもういない。神原さんはどうしてるんだろう。
じゃあ何か。最終的にそこそこ平穏な日常を取り戻すとして、アララギくんはあくまで一人でラスボスと戦うわけか。
で、今回の展開とかを踏まえると、実は中二病のメンヘラーで化け物になっちゃった子は、普通に死んだり殺されちゃったりするのだろうか。
あーはいはいみんな仲良しハッピーエンド今日もお江戸は日本晴れみたいな話になるんだっていう幻想はもう綺麗さっぱり消し飛んだ現状、先の展開が読めないのはいいのだが、正直今後が怖い。
先の展開が楽しみで文章は秀逸で文句の付けようもなく何度も読み返して楽しんでるが、今後が超怖い。


[PR]
by udongein | 2011-12-28 23:33 | レビュー

物語シリーズ読破中

はー、読むことがこれだけ楽しい話も久々だなー。
やっぱりいい文章を読むとそれだけで生き返る。


傾物語 (講談社BOX)

傾物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN

講談社 2010-12-25

名前に偽りありとは誰もが思ったんじゃなかろうか。しかし、それを差っ引いても忍が可愛い。可愛い。可愛い(可愛い)
「いいぞーそういうことなら強力に協力しよう」の辺りが大好き。あと、最後のキスショットとのやり取りも最高。
本当にほんの少し歩み寄っただけで今の関係を築きあげることに成功した忍の「どうしてお主が失敗したのか、ワシにはさっぱり理解できんぞ!」って言葉は、ほんの少し歩み寄れなくて世界を滅ぼしたキスショットにとってどれほど悲しい言葉だったんだろうと思うと切なくなる。
読後感が最高だった。




花物語 (講談社BOX)

花物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN

講談社 2011-03-30

う、うーん? 話全体はけっこうよくできたエピソードだと思うのだが…個人的に微妙。
前回の羽川視点の時は、異常異常と言われてた羽川生活が露わになったり、そのどこかずれてる思考が描写されたり、あと何かに巻き込まれてる時のアララギくんを第三者が見るとこんなに不安に駆られる感じなんだろうなと、色々と楽しめるところがあったのですが、今回の神原視点は逆。
快活さがなく、アララギ先輩の変態性には正直ついていけなかったと独白し、卒業のために職員室で土下座してた先輩は惨めだったと振り返る神原さんは、もういったいどこらへんが神原さんなのだろうと首を傾げることしきり。
いや、確かに神原さんにはそういうところが元々あったし、状況的にブルーになってたのはわかるけども、読みたいものとは違うというのが正直なところ。
その中でも一番楽しめたのが、卒業後のアララギくんとの会話。
結局自分は、アララギくんとその愉快な仲間達が好きで、他の人から漏れ聞こえてくるアララギくんの噂が好きなのであって、各キャラのそれぞれをアララギくんほど魅力的に感じてないんだろうなと、なんだか納得した。
まあでも、綺麗に終わってたと思う。



囮物語 (講談社BOX)

囮物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN

講談社 2011-06-29

どういうことだってばよ!?
な、なんだこれ!? なんだこれなんだこれ!? ラスボスってそういう意味かよ! 
おいおいおい、アニメOPで爆発的に高まった撫子ファンの顔面グーパンチいれたようなこの凄まじい展開をいったいどうしたらいいんだ。撫子ファンが息をしてない姿が見えるんだが。
いやでも、この撫子の一人称からミスリードを誘っていく展開は大変面白かった。ぶっちゃけ次の鬼物語すっ飛ばして恋物語読もうかと思った。先の展開超楽しみ。


[PR]
by udongein | 2011-12-27 23:25 | レビュー

この連休で買った本

12/22(木)
とりぱん 12
わがままDIY
げんしけん 10
宇宙兄弟 16
男子高校生の日常 5
煩悩寺 2
恋物語
ばらかもん 5
テルマエロマエ(アニメイト限定版)
合計:6864円

12/24(土)
猫物語(黒)
猫物語(白)
傾物語
花物語
囮物語
鬼物語
散歩もの
カミヨメ 1
繰繰れ!コックリさん 1
鏡野町のカグヤ 1
カンペキな彼女 1
一緒に暮らすための約束をいくつか 1
わたしのお嬢様-メイド服のお嬢様編-
ハルカの陶 1
茶柱倶楽部 1
ガーディアン・ガーデン 1
クラスメート、上村ユウカはこう言った。 1
ほけんのせんせい 1
残念博士 1
誘爆発作 2
かむかむバニラ! 1
おしいれのわらしさん 1
はなまる幼稚園 11
部室のドワーフちゃん 1
第七女子会彷徨 1
まにゅーば! rideAT 1
闇金ウシジマくん 1
船を建てる 上
船を建てる 下
Helvetica Standard
合計:24237円

あとついでに、12/23にBRレコーダ買ったのが56187円。
総計は87288円。

いやー…ちょっとはっちゃけちゃったかもしれぬ。ハハ。
感想は気が向いたら後日に。
[PR]
by udongein | 2011-12-24 19:31 | 日常

skypeを導入しました

いままでめんどくさいという理由で、さんざっぱら拒否してきたskypeを導入。
理由は…妹から「国際電話が高い」という理由でせがまれたからだったり。
二人してヘッドホンから聞こえるチリ紙交換やら飛行機の音やらでギャーギャー言ってました。
で、なんか話してる内に、久々に日本のお菓子が食いたいという話に発展。
検閲(?)は大丈夫なのかと話したら、お菓子類は比較的楽らしいとのこと。
逆に米とかは凄い厳しいらしいのでまあ無理っぽい。
とりあえず希望があればメール送れと言っておきましたが、何かこちらからもテキトーに混ぜてやりたいところ。
と言っても、お菓子とか言うと「たけのこの里」「じゃがりこ」ぐらいしか思い浮かばないレベルなのでいかんともしがたいのですが。
あとはあれ。日本のアニメがやっぱり物凄く評価されてるらしいので、日本のオタクとして何か送ってやるとかだろうか…。
近所のアニメイトで銀魂のクリアファイル買ってくるとか…いや、発想がおかしいな。
まー何にせよ、海外郵便は送品リスト作るのが大変らしいので、ちょっと面倒なところ。
[PR]
by udongein | 2011-12-18 15:54 | 日常

はー・・・


忘年会という名の接待がありました。
もうなんていうか、酒飲みは全員死ねよとか思っちゃうぐらいの不快な飲み会で、家に帰って一人延々ダンボールを素手で解体しちゃいそうなぐらいのストレスマッハ状態だったわけなんですが・・・
そのストレスに耐えながら、そうだ昨日読みかけだったなと手に取った猫物語(黒)を読んだ瞬間、全ての怒りを忘れて気づいたらこんな時間に。
はー・・・西尾維新すげーわ。
クビキリサイクル読んだ時は、ずいぶん読みにくい文章書くなーぐらいで気にする作家でもなかったんですが、よもやこんな時間を忘れ去るぐらいに没頭するような素晴らしい話を書く人だったとは。
うんうん、やっぱあれですよ。ストレス発散のために酒だの運動だの色々試してみましたが、結局インドア派にはこれが一番ですよ。
現実を忘れるぐらいに没頭する物語。これに勝るものなしですわ。
ちなみに、偽物語以降はまだ買っておらず、今読んだ猫物語以降は友人からの借り物。
…別に金を惜しんでるとかではなく、どうせ偽物語のアニメが始まったら、アニメイトとかでフェアやるんだろという、過去の悲しい経験によるものです。

以下、今まで読んだ物語シリーズのちょっとした感想。

・化物語(上下)
 アニメを先に見てから読みました。まず驚いたのは、アニメの再現率の高さ。シャフトがどれだけいい仕事したのかが、原作読んでわかりました。
 アニメだと尺の都合でカットされたであろう部分が多々あったので、一度見た話のかさが増した感じで大変お得な気分に。
 話の最後でアララギくんが忍野のことを語ってる部分が、何回読んでもぐっときますね。
 逆に、一番最後に閉めのところは、声優さんの語りの力もあって、アニメ版が非常によくできてたと思います。

・傷物語
 アララギくんが羽川のことを「命の恩人」と言ってた理由がよくわかった話。
 逆に、ここまでの超絶青春展開を経て、なんでアララギくんは羽川と付き合わねーんだよ! と思ってましたが、これも後になって理由がわかってもう心底震えました。
 序盤は忍野のかっこよさやらアララギくんと忍が親密になっていく過程やら羽川との絡みやらでほんわかしていたところに、ギロチンカッターのアレですよ。
 あーこんな素敵にほんわかとした雰囲気なら大丈夫だよなーああいうの見たくないよなー出ないよなーぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!
 みたいなこう見事に手玉に取られた感じ。
 この、最初に生じて終始張り付いてた嫌な予感と、徐々に親密になって物事が好転して和んで緩んでいく感触は、そのままアララギくんの意識とかなり似通ったものになってたはずで、臨場感ばっちり。
 最後の最後まですっきりと楽しめた逸品。

・偽物語(上)
 神原さんが変態で素敵でした。まずここ。大事なところ。
 アララギくんの神原弄りもキラリと光ってた。これだけでご飯が十杯は食える。
 でも、真の変態はお兄ちゃんの方でした。爆笑。
 仲が悪いという前振りから始まって、兄に認められない妹達のコンプレックスとか、行動が幼稚で見てられないと冷たい目で見ながら常に妹達を気遣ってるお兄ちゃんらしさとか、話が進むにつれて見えてくる兄妹関係の味が素晴らしい。

・偽物語(下)
 歯みがきやばい歯みがき。
 この下巻読んだ人間の100人中100人が言い切ると思う。西尾維新は世紀の天才か稀代の変態かのどちらか。
 っていうか、下巻全体のエピソードは他の巻に比べてキラリと光るものがないというか普通。
 むしろいかにお兄ちゃんが変態で変態で変態なのかに全てが集約されていたと言っても過言ではないと思う。
 っていうか本気で歯みがきが神すぎ。

・猫物語(黒)
 話の1/3ぐらいのエピソードが、化物語で語られていた内容だったので、若干既読感があったものの、その既読感を利用して羽川の異常性をこれでもかと見せ付けてくる素晴らしい出来でした。
 何より、アララギくんがなんで羽川と付き合わなかったんだよ! 的な不満を木っ端微塵に打ち砕くだけのエピソードとあのラストが最ッ高。
 最初の月火ちゃんとの会話から派生したアララギくんの「俺、あいつのこと好きだと思ってたけど、まあ気のせいだよな」みたいなよくありがちな朴念仁的解決じゃなく、途中でちゃんと恋心に気づいて羽川のドス黒い面を見てもまだ羽川のことが好きで、それでも完膚なきまでに羽川のことを諦めざるを得なかったアララギくんの無念さが切々と書かれてて、読了後に清清しささえ感じました。
 これと合わせてつばさキャットを読み返してみると、色々とまた想像ができて凄く楽しい。





さ、というわけで残りを読むか…涎が止まらないぜ…
[PR]
by udongein | 2011-12-17 02:42 | 戯れ言

来月購入予定の本(2012年1月)


以下、期待度をつけつつざっくりと。
S:100年前から待ってました
A:即日即購入
B:普通に面白い
C:微妙だけど買う
D:買うかわからんけどチェックだけ
E:エロ用

04 夏目友人帳 13(A)
06 永遠図書館 2(B)
  昭和元禄落語心中 2(B)
  山風短 4(C)
07 ハナコ@ラバトリー 2(C)
  的中!青春100%(B)
  野菜畑でつかまえて(B)
10 猫絵十兵衛 5(A)
  スケッチブック 8(C)
  戦国妖狐 8(A)
12 妹先生 渚(C)
14 女子高生信長ちゃん!! 2(C)
16 図書館の主 2(B)
17 Pumpkin Scissors 15(D)
18 マギ 11(A)
  絶対可憐チルドレン 29(C)
  鋼鉄の華っ柱 5(D)
  はじめてのあく 12(A)
19 PEACE MAKER 8(D)
  REC 14(D)
  カガクなヤツら(E)
21 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 1(A)
23 GIANT KILLING 22(A)
24 へうげもの(S)
  ヴィンランド・サーガ 11(C)
25 拝み屋横丁顛末記 16(A)
27 とんぬらさん 6(B)
  森田さんは無口 5(D)
  まんがタイムきららカリノ 1(D)
  棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ 3(S)
28 まんがかぞく 一家4人全員漫画家 2(B)
30 アイアムアヒーロー 8(B)

来月の注目はなんと言っても棺担ぎのクロですよ。
発売延期からほぼ丸1年。編集との折り合いが悪かったとかそういうすげー悲しい理由で延期になった記憶があったので、出て何より。
きゆづきさとこはとにかく色使いが天才。表紙ひとつでここまで惹かれる作家も珍しい。
そしてへうげもの。もうモーニング常に立ち読みするぐらい大好き。
この人のシリアスギャグが一回ツボにはまるともう、何もかもしてやられてしまう状態。
今回は佐竹を説得するところが入ってるはず。立ち読みして、しばらくニヤニヤが止まらなかった。必読。
あとは、谷川ニコの新作にけっこう期待。絶賛はしないけど、個人的に好きな作家さん。

Dランクの方はというと、まずパンシザはもう長いやらマンネリやらだけど、セッティエムたんが可愛いので時々読みたくなる。
鋼鉄の華っ柱は正直面白くないのだが、西森先生の本気に期待。
ピースメーカーはあれだ。ピートが死んだ時点で終了。トライガンでウルフウッドが死んだと言えばわかるだろうか。後は消化試合。
RECは花見沢さん凄い好きなんだけど、いかんせん長すぎ。
まんがタイムきららカリノは、万一きゆづき先生が短編でも描いてたらヒャッハーしようってだけで、それ以外なら買わない。
あとは女子高生信長ちゃんはもう名前からして買う気が失せるし読んだこともないのだが、木村明広が描いてると知ってびっくり。
ご祝儀買い。


来月はかなりの豊作で今から楽しみですよ…
[PR]
by udongein | 2011-12-15 21:50 | レビュー

最近のあれやこれ

○仕事
 なんか、何回か前に書いてある仕事のミスの後、更に2発ぐらいミスやらかして、周りの目がすげー冷たくなった時期があった。
 それと同時に体調崩しちゃって、ちょっと休んだり早退したりを繰り返す状態に。
 うちの会社はかなり勤怠が厳しいんだけど、現場のお客さんの意向で「トータル時間だけ合えばいい」って感じでかなりみんなゆるくしてもらってたのだが…ある日、全員無断午後出社とかやらかして、お客さんの事業部長まですっかーーーん! と広まって大問題に。
 客から苦情がきて初めて明かされる勤怠の実態に、上司が大激怒。
 私に関しては「体調不良」ということで現場からもフォローがあったのだが、何しろ現場の直接の上司が過去に勤怠の悪さでクビになりかけて、次はないぞと言われてたブラックリストに載ってるような人物の上に、2,3ヶ月前に同様の苦情が軽く入れられていた上に、さらにさらに1ヶ月前に行われた部長との面談で部長から「最近勤怠はちゃんとしてるか?」と言われて「はい、もちろんです!」とスゲーいい笑顔で即答するというやり取りがあったという…
 もう部長マジギレ。
 電話を入れても切られる、メールを送ってもシカトされる、事前に課長を通して出向先から本社へ向かって直接会いに行ったらすっぽかして帰られるという謝ることすら許されない拒否られっぷり。
 で、客からは「改善はしてほしいが、仕事に差し支えるのでなるべく穏便に済ませて欲しい」というお触れがあったにも関わらず謹慎か場所変えかクビかみたいなえらい騒ぎに。
 で、その話を聞いたお客さんが「いや、だから穏便に済ませって言っただろうが! こいつら今抜けたらプロジェクトどうするんだよ!?」みたいなブチキレ状態に。
 阿鼻叫喚の地獄絵図。
 で、だ…周りからの冷たい視線、勤怠をめぐるゴタゴタと移動罰則うんぬんの流れ、そして体調不良が重なり、なんだかしょぼしょぼと下を向いて仕事をしてたら、ある日突然「おい、あいつなんかおかしいぞ」とか言って妙な騒ぎに。
 いやもうほっといてくれよーーーー!
 体調不良で仕事でヘコんで勤怠ばれて部長が激怒とかブッダでも落ち込むわ!!
 ああもう何だこれ! なんだこれ!?
 なんでさも訳知り風に「大丈夫。俺も経験あるから。ちょっと一緒に心療内科行ってみよう」とか言われにゃならんのだ!!
 なんでいかにも気遣ってる風に「俺じゃ直接話しにくいこととかもあると思うから」とか言いながらお客さんの事業部長と個室面談せにゃならんのだ!
 いよいよクビかと恐れおののいたわ!

 …とまあ、そんなこんなで、なんだかちょっと絶体絶命都市になってました。
 あ、ちなみに精神的うんぬんは風邪が治ったら治りました。



○ゲーム
 やってたブラウザ戦争ゲームが、敵を倒した時の報酬が1/10になるという逆神アップデートを実施。
 敵を倒した時の損害が報酬を上回るので誰も戦闘ができず、みんなで延々畑を耕し続ける脅威の農耕ゲームにはや代わり。
 アプデ前はそこそこ活気のあった味方陣営の全体チャットも、最繁時(21:00~24:00)に発言が0とか末期状態に。
 私も1日2回、朝と晩に農場のチェックだけしてる状態。
 頑張って総合ランク21位まで上り詰めたのだがな…

 ROは完全停止状態。
 売るものはまだ色々あるんだけど、毎日露店のためだけにPC付けてる状態が、今や苦痛に感じるように。
 この間敏感が復帰してるのに偶然出会ったときに、丸ごとくれてやればよかったと後悔。
 課金も切れてるので気が向いたいつかログインするかもしれんが、今のところ予定なし。
 いまさらながらあのゲームがチャットゲーだったと実感。
 RMTで売り払うのもありかと思ったが、やはり廃れてるらしくポンと売ってポンと終わりみたいにはなりそうにないので、眠らせることに。
 今コラボでやってるキシリトールガム? だけゲットしたいけど、それだけのために課金もねぇ…

 あと、そらすの日記を見てて閃乱カグラがやりたくなったのだが、さすがにあれだけのために3DS買う気はないのでお預け。マーベラスファンとしては、PSPで出てたら間違いなく買ってたレベルなのだが…


○本
 まずレビューはなんか滞りまくって書く気減衰。
 とりあえず今オススメしたいのは「鬼灯の冷徹」「となりの関くん」が高レベル。
 好みによるけど「僕の後ろに魔女がいる」「空声」「ぎんぎつね」「いかさま博覧亭」辺りもけっこう面白かった。
 あと、友人にBR借りてから読んでみた化物語の小説が大変良くてハマり中。
 あとは細かいところだと、やはり同じ友人が貸してくれた「島津、奔る」が時代小説として大変面白かった。
 島津の動性自体が大変面白かったというのもあるんですが、文章の巧みさ熱さもまた相当で読み応えばっちり。
 まさか伝記小説で涙ぐむ日がこようとは…



まあそんなところで。
[PR]
by udongein | 2011-12-03 21:45 | 日常