<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

最近のRO(2012/08/26) -引退-


先週ぐらいからのチョン国との一連の流れで、チョンゲーに金を払うのが気持ち悪くなったので、引退することに。
と言いつつも、装備と金は残しておくチキンぶり。
2,3ヶ月してこの騒動が悪化するようなら、手持ち800Mと500M相当分の装備は身内に丸投げ予定。
今後はスクエニの新作ブラゲ:クリスタル・コンクエストとまどマギオンラインをプレイ予定。

ちなみに、ROGMの方は一切課金するつもりがないので継続します。

修羅のスキル検証で書き溜めていたネタや、使ったことのないスキル用に新しくcmpを3人作ったりと、下地を作っていた段階ではありますが、上記理由により今後再開しない限り更新はありません。
育成を楽しんでいた部分もあるので、若干残念。
[PR]
by udongein | 2012-08-26 21:25 | RO & ROGM

ファイアーエムブレム覚醒(03) -ちょい進行と、追加カップル-

ちょこちょこ進めてますが、13章現在でどこをどう見てもシナリオがクソすぎるのがプレイしてて辛いところ。ノーマルだと強キャラのレベル上げてほっとくだけで試合終了してしまうのでなおさら。
とりあえず1周目はお見合いゲーということで我慢してプレイするとして、ちょっと2周目以降は難易度を上げて、キャラの可愛さだけ見てプレイしようと思います。3DSまで買ってもらった分はそこそこ取返さんとな。

では、もそもそと。
[PR]
by udongein | 2012-08-25 18:44 | ゲーム

今週読んだ漫画レビュー(2012/08/06週)

A:大変面白かった(続きを問答無用で買うレベル)
山賊ダイアリー[2](今回は罠で猪を狩る話がメインかな。とりあえずプロ狩人すげぇって感じ。山の標高図に猪とシカの進行ルートを記入しながら、シカはイノシシよりも活動時間が早いから、一緒に使ってる道だとシカがかかっちゃう、みたいな設置ポイントの考え方がすごく面白い。あと、仕掛けておいた罠が勝手に解除されてたり、潜りの罠師がプレートつけないで罠仕掛けたり、と人間同士いかにもありそうなエピソードが多くてそれもまた面白い)


B:面白かった(続きを買うレベル)
江戸の検視官[1](絵と時代考証的なものは物凄くしっかりしてる。それに伴った江戸人情みたいなエピソードもよく描けてて良し)
獣医ドリトル[13](天才二人が並んで治療してる姿はなんとも頼もしくていい。扱ってる題材も相変わらず面白い)
紅[10](全体を通してエピソードや各キャラの掘り下げは微妙だったなーと思いつつ、結局この話のメインは紫ちゃん可愛いよ紫ちゃんなので、最後までブレずに紫ちゃんが可愛かったので良し。毒を食らって動けなくなった主人公が、紫ちゃんが目の前に現れた瞬間に回復して、敵の親玉にグーパンチ。正しい正しい。可愛いは正義。紫ちゃんと一緒の空気を吸うだけで無敵になる主人公。うんうん、この話はこれで正しい)
それでも町は廻っている[10](安定。安心。真田くん関連のエピソードは特に面白くて好き。三角関係にありながら、未だに全く修羅場になりそうもないこの色気のなさが素敵)
朱黒の仁[1](天地明察の作者の戦国もの。真田幸村が主人公。時代背景に沿った情緒みたいなのはけっこう出てて、雰囲気は割とある。敵を倒した手柄を立てたで盛り上がる話ではなく、苦境に立たされて疲弊していく姿の儚さみたいなのがメインになると思われる。ちょっと盛り上がりに欠けるのが難点。友人的には真田雪村などの主要登場人物の外見が若すぎる点(見た目、20代後半)、西軍を代表する立場にありながら全員がざんばら頭な点が時代考証として貧弱すぎるということで、投げ捨て対象だそうです。そこは私も大いに同意するところで、話はいたって真面目ですが戦国物というよりは戦国BASARAだなーという感じ(対象層は歴女)。それを「ジジイばかり描かれてたら読めるものも読めん」と取るか「ジジイばかり描いてこその歴史物」と取るかは好み次第)
となりの怪物くん[10](兄貴も中々いいキャラだよね。初期設定の、兄貴がすげー怖がられてた理由みたいなのも上手く繋げてて良し。不器用ながら、普通の相手なら「昨日はごめん」で済んじゃう話が、ハル相手だと明後日の方向に。周りがもどかしく思う気持ちもわかるよなぁ)
進撃の巨人[8](かったるい裁判の様子とか見せられなくてよかった。そういう分別のある作者みたいで安心。巨人の謎ばかりがドンドンと増えていって、何ひとつ事態が好転していかないのはちょっと読むのが辛い。でもこう、今現在広がってる風呂敷が面白く畳まれそうな予感がちょっとするので、今後も期待していこう)
でこぼこガーリッシュ[1](見た目が男にしか見えない長身の女性と、見た目が小学生にしか見えない小柄な女性の、大学生活の漫画。メインは外見に対する誤解と、二人の友情。何気に二人以外の人物の良さもあり、けっこう楽しんで読める。ビームコミックス特有の、ちょっと淡々としてる感じで好みが別れるかもしれない)
34歳無職さん[1](ささめきこと を描いてた作者さんのニート漫画。34歳にして勤めていた会社がなくなり、再就職の口の誘いもあったけど断って、1年間何もせずに暮らしてみようという話。会社辞めたくなるから、こういうのちょっとやめてほしい。私も金さえあれば、こうやって夕方まで寝たり、天井のシミや畳の目の数をかぞえてすごしたい(1ヶ月ぐらい)。とにかくこう、羨ましいというよりちょっと辛くなる感じ)

C:いまいち(続きを買うのを悩むレベル)
アリョーシャ![3](戦闘色が強くなってきた。作品のテーマとしては最初からこんな感じだったし、そこまでブレてはいないのかな。でもこう、個人的にはクローン3人わっさわっさと死んでいく展開よりは、更生して「お姉さま~☆」とかいう馬鹿能天気な追加キャラになってほしかったなぁ…そういう漫画が長生きしないのもわかるけど、そのうちヒロインの腕の一本でも飛びそうな現状よりは…)


D:つまらない(ブックオフに売却)
ONE PIECE[67](大変だ。つまらない。2エピソード連続でつまらないのは初だな。1エピソード辺りの話数はどんどん増え、一度に登場させる人数もどんどん増え、昔の強敵はかませ犬に。場面とキャラをばったばった動かすから視点も定まらない。困ったな…見所がない)
[PR]
by udongein | 2012-08-12 20:18 | 週間簡易漫画レビュー

来月購入予定の本(2012年9月)


では、次月の購入予定など。

以下、期待度をつけつつざっくりと。
S:100年前から待ってました
A:即日即購入
B:普通に面白いと思われるので買う
C:微妙だけど買う
D:買うかわからんけどチェックだけ
E:エロ用
F:新規開拓お試し

詳細はこちら。
[PR]
by udongein | 2012-08-10 23:09 | レビュー

最近のRO(2012/08/06) -サマスペマラソン-



心を消耗させた最悪のイベント:夏休みの宿題をそらす神が終わらせてくれたので、心も身体も開放された爽快な気分に。
毎年毎回必ずイベントにこの「嫌なポイント」を作ってくるクオリティの低さが何年経っても変わらないなぁという印象。


【マイキャラについて】
 どうしても男垢にも修羅が欲しくなったのでちょっといじくってたんですが、土日でレベル93にするのが限界でした。
 そしてマラソンはほとんど手付かず。ガクリ。

【マイキャラについて】
 現在、以下のような状態。
 前回のレベルが、何をどうしてそうなったかわからんぐらい実際の値と異なってたので、書き直しました。
 ○女垢
  修羅1[134/50](男モンクのお守り。デスペナでジリジリと経験値減少中)
  修羅2[100/39](変化なし)
  cmp1[74/54](変化なし。サマスペで3次にするキャラ1)
  cmp2[80/56](変化なし。サマスペで3次にするキャラ2)
  モンク[94/50](男モンクと一緒に上げてる。こいつも転生させてあげれたらいいなぁ)
  AB[97/15](変化なし)
  ジェネ[97/26](変化なし)
  RK[98/35](変化なし)
  狼[99/38](マラン温もりのために罠置いたりしてます)
  拳聖[87/1](変化なし。消すかも)
  教授[78/59](マラソン真っ最中。サマスペで3次にするキャラ3)
  ダンサー[84/1](変化なし)

 ○男垢
  民[98/32](ギルチャ用で動いてることが多い)
  葱[81/35](昔から作って、昔から上げてもらえない不憫な子)
  メカ[98/34](昔から作って、金欠の時に動かされる不憫な子)
  プリ[85/50](昔から作って、ポタが欲しい時だけ動かされる不憫な子)
  セージ[81/26](DDでは大活躍。上げてやりたい度No1)

他、雑感など。
[PR]
by udongein | 2012-08-08 19:31 | RO & ROGM

作家作品調べ(宮原るり)[2012/8/1時点]


私、好きな作家さんの過去作品などをチェックするのが好きです。
ただ、最近買う本が多くなり、過去作品のチェックが滞ってきたので、ちょっとブログでまとめてしまおうと思います。
自分メモとしての側面が大きいため、大好きな作家さんであっても、全ての本を購入済みの場合は後回しになると思います。
また、軽くストーリー紹介などもさせていただきました。どんだけレビュー書きたいねんと自分でつっこんでたのは内緒。


【作家さんについて】
 僕らはみんな河合荘を読んで面白かったのが最初。
 読む本を探してたので、恋愛ラボの1巻を購入してみて、中々面白いと思ったので恋愛ラボの残りと、みそララを全巻購入しました。
 女の子同士の会話に出てくる恋愛感や、化粧や年齢に対する会話など、女性作家だとわかるポイントがあちこち。
 キャラの個性と描き分けがしっかりしていて、主題と絡めたキャラの動かし方が上手いなーと思う作風です。
 仲間と楽しくわーわーやる話がほとんどなので、軽く楽しんで読めるのもポイント。
 非常に好みにマッチした作家さんです。

既刊調査結果はこちら
[PR]
by udongein | 2012-08-07 22:14 | 漫画作家既刊調査

今週読んだ漫画レビュー(2012/07/30週)

A:大変面白かった(続きを問答無用で買うレベル)
へうげもの[15](この辺りは毎週雑誌をチェックしては友人とメールを飛ばしまくってた神展開でした。それだけに、雑誌で爆笑しまくった柱の文句がなくなってたりしたのは少し寂しいところ。内容としてはもう見所満載ですが、石田兄弟の死に際が見事でした。特に弟の正澄さんの行動が見事で、まだ生きている者を逃がし、これから人が押し寄せるであろう入り口を掃き清め、今日死んでもう誰も手入れをしないだろう草木に水を撒き、先に切腹した者達に手を合わした上でその後の畳を拭き、微笑みながら腹を切る姿が茶人としても武人としても清々しさを感じさせる粋な最後でした。そして、超展開の数々。小早川秀秋が動かねー! ちょっとおまえ、あいつの茶の湯の師匠だから説得してこい、時間がないから投石器で空飛んで とかいうトンデモのノリを、50超えたおっさんどもが真剣に議論した挙句「極めて安全…とは言え、念の為申しておく。アデオス・アミーゴ」とか言い出すあまりの馬鹿馬鹿しさに腹筋が捻り切れるかと思った。で、家康は家康で女を断って今すぐにでも射精したいから全軍突撃とか褌一丁で命じた挙句、関ヶ原有数の見せ場である島津の本陣突撃にびびって糞もらしながら射精して、見開きでアヘ顔ですよ。どうやったらこんな超展開になるんだ。最高)
GIANT KILLING[24](今回はサポーターの応援団リーダーの過去話。試合だけでなく選手や経営陣、そして出資企業の副社長まで描くこの漫画は、みんなが力を合わせてひとつのチームだっていう作者のサッカー感が出てて素敵。確実に結果を出して、選手から信頼を得ている監督も、サポーターからは未だに裏切り者扱いされてる現状の根の深さが、今後どう変わっていくのかも楽しみ)
グラゼニ[6](契約更新の話が収録。ワイドショーのネタまで自分の金額に結び付けて年収アップを図る姿は、この漫画らしくて大変面白い。そのあと家で生意気言ったかと震える小物らしさも主人公らしくて楽しい。特にこの主人公の場合、自分の年収が強さに繋がると言っても過言ではないので、来期はもっと活躍をしてほしいところ)
RYU-FINAL-天の巻-(ストリートファイターのコミカライズ。時代的には2と3の中間ぐらい。掲載してたゲーメストの会社が潰れちゃって、初回絶版になってしまったのが、今はamazonで上下巻1000円…買うしかないでぇ! と購入。読むのに最低限の知識が必要だけど、私はけっこう楽しめた。かつてのライバル・ケンが家族を手に入れて強さを得たのに対して、かつて最強の強さ・殺意の波動を目にしながらそれを「間違っている」と言って強さを求めるリュウの悩んでる姿が素敵。拳ひとつに対する思い入れの強さなんかも、すげー泥臭いんだけど、見ていて好感が持てる)
RYU-FINAL-地の巻-(サガットが惚れ惚れするぐらいかっこいい。かつて殺意の波動に目覚めかけたリュウによって深い傷を負わされた男が、敗北のショックでボロボロの自暴自棄になった後、立ち上がる姿が超かっこいい。そして、同じ殺意の波動でありながら、相手を殺すことしかできない豪鬼と、痛みによって立ち上がるきっかけを作ったリュウの殺意の波動では、生み出す結果が根本から異なるところがまた素敵。何よりこの二人の、お互いを認め合って心から尊敬し合っているところが物凄くかっこよく描かれてるのが素晴らしい。確かにスト2時代、サガットの体の傷を見て「あーこいつリュウに負けたんだー」ぐらいに思っていたのを「貴様には、この傷が敗北の証にしか見えんのか!」って対戦相手に語るサガットにガツーン! と殴られた気分。リュウも自分が一度は倒した相手に対して「殺意の波動にも屈しなかった偉大な男」と、微塵も勝利を誇ることなく真摯に戦ってて、殺意の波動ですらその心を殺せなかったサガットによって道を指し示されてるのがもう最高。豪鬼との対戦も良かったけど、もうサガットとの対決がかっこよすぎて、これしか語れない)
千歳ヲチコチ[1](共鳴せよ!私立轟高校図書委員会 の作者の平安時代もの。ヒロインが友人に渡すつもりで書いた個性的な手紙を、たまたま拾った男が戯れに文を返す…はいいものの、顔も滅多に明かさない、男女で文を交わせば求婚逢引と思われかねないこの時代で、すぐに文通が成り立つわけもなく、性別すら知らないままに話が進んでいくのが斬新。軽いノリながら時代考証的には結構説得力のある描写なのも面白い。あと、ギャグテイストらしく、宿直として詰めてた男のところにリアル怨霊がやってくる世界観に爆笑。登場キャラを現代風に砕けた雰囲気にしながらも、時代背景はそこまで崩していないので、実にキャラが面白くて読みやすい)
千歳ヲチコチ[2](2巻にしてやっと文通相手の手がかりが…とこう、主題の方については進行が進まない状態。いやでも、逆に面白いぞこれ。もどかしさはあるものの、間の話が面白いから待たされてる感じはないし、流れに無理がなくてもやっとしたりもしない。キャラのよさも変わらずだし、読んでて楽しい)
崖っぷち天使 マジカルハンナちゃん[1](魔法の国のロリコンという名の変態紳士に運悪く関わり、アラサーにして魔法少女になってしまった主人公の話。変態紳士が幼女のハートを射抜くために二足歩行の猫の姿になり、魔法のランドセルや変身お化粧セットを用意し、自分のほっぺたにキスをすると変身が解けるという手の込んだ準備がアラサー女性によって台無しに。いや、主人公は何も悪くない。変態がガチで変態なだけ。「おまえも、捨てられたのー!?」という変身の台詞と共に怒りの形相で変身し、変身を解くために変態紳士(外見:猫)をわしづかみにしながら、頬にべったりと口紅を押し付けるこの憎悪すら溢れてそうな描写が大変酷くて笑える。変身セットとかも、いろんな職業にコスプレ変身できて、かつ15歳歳を取るという地獄絵図になっております。ちなみに、1巻通して主人公の良かったポイント何もなし。哀れすぎて泣けてくる)


B:面白かった(続きを買うレベル)
裸者と裸者[1](世界恐慌によって日本に難民が押し寄せ、それをきっかけにした内乱が発生した世界の、戦災孤児部隊の話。小説のコミカライズ。資源の70%以上を輸入に頼ってる島国に難民が押し寄せるシチュエーションは疑問に思うものの、舞台が日本だと分かりやすいのでまあ良し。孤児の人権がないに等しい世界で、常に最前線の使い捨てで生きる孤児部隊の隊長が主人公なのは面白いとして、ロシアンマフィアと縁があって初回から大儲け余財ありまくりの状況は若干疑問が残るところ。あと、主人公がいろんな権力者に愛されすぎ)
裸者と裸者[2](昔一緒に住んでた叔母へのプロポーズは中々素敵。涙を流しながら「あなたは処女と結婚しなさい」って諭す娼婦の叔母が切なくてよい。結果としてはコテンパンに振られてるわけで、これから別の女と結婚してもこの出来事をすげー引きずるんだろうなーと思う)
のんのんびより[4](安定、安心。干し柿作ってるシーンとか、台風がきたからそのまま学校に止まるとか、相変わらず田舎らしさが良く出てると思う)
となりの関くん[3](ロボ親子ネタが一発で終わらず何度も出てきてるのは味があっていいなーと思う。ヒロインが関くんに逆襲するパターンが増えてきて、成長が見られるのはいいとして、そろそろヒロインは真面目に成績が落ちてそうで心配)
拝み屋横丁顛末記[17](大家さんと先代大家さんが大量発生して、凄い嫌な扱いされてるビジュアルはシュールで面白かった。100話以上続いてる話の主力メンバーが退魔札貼られてもだえ苦しむ姿はこう、地味に笑えてくる。他も長編が終わっていつもの味のあるギャグが戻ってきてるので、中々面白かった)
学園天国パラドキシア[8](ヒロインの扱いがもはや妖怪じみてるのが素敵。ドロドロ音を背負いながら、暗闇に顔だけ登場する妖怪が「あたしはこの漫画のヒロインさ・・・」って主張してる姿がこの漫画らしい馬鹿馬鹿しさで笑える。そして主人公はもはや枯山水。淫魔が目の前でしなだれかかってきたら1秒で説教かますとかこいつは本当に高校生なのか、いや、男なのか・・・グギギ)
flat[4](主人公の無責任さ薄情さにどうにも我慢ができない後輩と、そこを理解しつつ「あいつはああいうやつだし」ってあまり気にしてない友人達の温度差が素敵。主人公も他人から見たらどうにもやる気がなくて無気力なやつだけど、アキくんから見たら自分の一喜一憂にアドバイスをくれる優しい兄ちゃんなわけで、作中でそこまで嫌なやつにもなってないところが良い)
しくしくしくし[1](天神様の子供が旅をする4コマ。絵が可愛いし、話は割と面白い。狐のもふもふは正義ですよ。ただこう、旅の目的が明確でないので、気をつけないと惰性で続いて話のテーマがぼんやりしそう。続刊は買い)
椎名くんの鳥獣百科[3](ハシビロコウの描き方がリアルで中々怖かった。あと、後ろ頭がブルーベリーに見えるってのは盲点だったので、今度見てこよう。そういう鳥の描写についてかなりしっかり描かれてるのは単純に見てて面白くて良し。ただこう、フクロウなりハシビロコウなり、空を飛べる生き物を大学構内で放し飼いにするリスクが説明されてないので、見てて大丈夫かと思う。その辺り、放し飼いしても戻ってくるような習性があるなら、描いてほしいなーと思う)


C:いまいち(続きを買うのを悩むレベル)
裸者と裸者[3](北陸方面の鎮圧完了。スピードが早いのはいいのか、悪いのか。部隊の仕上がり速度と財源と地域の制圧速度がどうにも戦争ものとしてもやっとしてしまうところ。原作はもっと納得のいく描写をしてるのだろうか。けっこう面白いし、見所もあるんだけど、もうちょっと泥沼らしさを見せてもいいんじゃないかなーと思ってしまう。原作を読むか、続きが出たら買うのかは正直迷うレベル)
我妻さんは俺のヨメ[1](なんだかよくわからないけど、寝ると未来に行くことができる主人公。で、その未来ではクラス一の才女で美人の我妻さんは俺の嫁でした…! という内容。見てきた未来でオタクの友人が刑務所に入ってたのを主人公が現代に戻って未来を変えたり、クラスにきた新しい転校生と接点ができた途端に未来の嫁が転校生に代わってたり、と現代の行動と手軽に変わる未来の対比がけっこう面白い。ただこれ、週間少年マガジンなんだよな。アマゾンで表紙ポチして、送られてきた時の絶望感といったらなかった。どうせこう、カツオ形式で延々同じ話を繰り返すのだろうというのが、1巻から見て取れる。たぶん、転校生、同級生、後輩、他学校の生徒、教師、近所のOL、入院した先の看護婦と、ことごとく未来で嫁になりながらやっぱり最後に我妻さんが嫁に戻るのを、ゴールドエクスペリエンスレクイエムの如く、人気がなくなるまで永遠に見せられるに違いないと思うと、続きを買う気がおきない)
カレーの王女さま[1](おいおい、表紙にでっかく「乙カレー!!」って書いてあるから、てっきりタイトルだと思ったよ。友人に指摘されて笑ったわ…。内容はカレー漫画。となりのドワーフさん? だったかの作者の人で、それを覚えてたら読まなかったであろう一冊。そちらよりは内容がよく、日本のカレーが好きで日本に留学してきた小国の王女を筆頭に、カレー好き+カレー苦手1名がカレー関連アイテムを食べたり、カレーの歴史を語ったりするもの。ご当地カレーだけ延々解説するような内容よりも読みやすいけど、漫画としてはそこまで面白くないというのが正直なところ。個人的に気になったのは、表紙の絵の盛りが汚い)
アニキ[1](うぅ、やはりというか何というか、ビッグコミックスは基本的に悲しみが溢れてるな…父親が蒸発し、母親が他の男とどこかへ行った家庭の小学生の女の子が、左官屋の若い頭領(左官って差別用語だったかもしれんけど他に呼び方を知らん)の家に居候する話。基本、悲しいことがあってもアニキパワーでほんのりいい話で終わるし、同居人は優しくて家族の温かみがあるんだけど、女の子の心中はやっぱり居候でパパママに捨てられて悲しくて欲しいものもねだれなくて学校じゃ友達もできないというこの負のループが辛い。夕方6時のニュースみたいなじめっとした雰囲気が好きな人はオススメ)


D:つまらない(ブックオフに売却)
[PR]
by udongein | 2012-08-05 23:59 | 週間簡易漫画レビュー

ファイアーエムブレム覚醒(02) -カップリング-

ここからは各キャラについて。

最初のレビューだけで放置してしまうと兄弟で馬鹿やって国が滅びそうなクソゲーみたいな嫌な感じが抜けないので、ちょっと色々書いてみた。
ただ、基本的に個人の妄想なので、そういうのダメな人は読み飛ばしてください。
ええやん、オタクなんだし。
私が心から尊敬する漫画家の平野耕太とか凄いぞ。
惑星を開拓するシミュレーションゲーム:シヴィライゼーション2をプレイした感想で「ゲームで感動した場面:Civi2。迫り来る蛮族の騎兵隊。新造のユニットが完成するまで、どうしても1ターン足りない。その時、付近にいた開拓民が立ちはだかり、その1ターンを稼ぐ。その彼らの心情を思う時だ」って文章読んだ時、あまりの天才的文章と妄想力に鼻血噴きそうになった。

婚活成功組の皆様
[PR]
by udongein | 2012-08-05 22:13 | ゲーム

ROGM 2ndS(01) 近況報告

ROGMの第二シーズンが始まりました。
現在はまずまず楽しくプレイしております。
第一シーズン、及び第二シーズン開始直後の凄まじい重さに不快さを耐えられず、一時期は早々にプレイを放り出そうと思いましたが、今はそのようなこともなく。
1クリックの処理に1分かかっていたゲームが、今はちゃんと1クリック1秒以下になりました。
イベントなど要らないので、このままの環境でプレイをさせてほしいところです。

第二シーズンになり、色々と仕様変更があったので、みんな手探り状態です。
幸い、第一シーズンの内容を第二シーズンで別サーバーでも引き継げたので、ROでお世話になっているギルメン一同と合流を果たし、色々と情報交換をしています。
今回はダンジョン攻略に時間がかからないようなので、足の遅さに辟易していた工兵さんも活躍できそうな予感。
逆に、前回の主力だったお馬さんの弱体が酷いので、メンバーの再構成中です。

以下、各方針など。
[PR]
by udongein | 2012-08-05 15:31 | RO & ROGM

最近のRO(2012/07/31)


DDイベントが終わり、サマスペが始まっております。
去年に比べて道中が過酷と言われてますが、4層乗り切った後のパワースポットは敵がいないようですし、去年に比べてまートントンかなーというところ。
DDイベントで修羅に一点集中したので、サマスペでは新キャラを中心にあげていこうと思います。

【マイ修羅について】
 DDイベントでひたすらデッドラゴラを狩り続ける過酷な修行を行い、レベルが111→134になりました。
 恐らく色々な狩りが楽に…なってるといいなぁ…と思ってるので、その内各狩場に乗り込んでレポなど書く予定。
 今はひたすら宿題イベントやってます。

【マイキャラについて】
 現在、以下のような状態。
 修羅1[134/50](スノウアーの雷光弾1確狩りができるようになったので、カード狙いに行こうかと思いつつ、他のゲームをやってる状態)
 修羅2[100/39](かなり前から止まったまま。VIT120の活用)
 cmp1[75/42](タコ足によって成長した新キャラその1。ちょっと羅刹型をやってみようかと思ってる。サマスペで3次にするキャラ1)
 cmp2[63/34](タコ足→サマスペによって爆誕。AGI身弾型にしようと思ってる。サマスペで3次にするキャラ2)
 モンク[84/40](放置気味。サマスペで他のキャラを上げ切ったら上げる予定。コンボ型・・・かなぁ)
 AB[97/30](放置されてるかわいそうな子。プリとかやる性格やないねん)
 ジェネ[98/35](商売で活躍中。STR120, カート改造Maxと、育てる気0の不憫な子)
 RK[98/35](さっぱり動かしてないな…なんでだっけ…修羅が楽しいからか…そうか…)
 狼[99/38](棚で罠を置く用の狼。狼は連れてますが、鋭敏な感覚? 以外の狼スキルを使ったことがありません。っていうかステALL1です。ウィンドウォーク10の詠唱がME並に遅い)
 拳聖[81/1](タコ足用に置いてあるけど、タコ足は復活するのかしら)
 マジシャンH[45/36](マラソン真っ最中。皿にする予定。サマスペで3次にするキャラ3)
 ダンサー[84/35](タコ足期待だったキャラ。放置中。こいつもモンクの次ぐらいに上げてやりたい)

【育成計画】
 1. マジシャンハイ→教授(job50転職)
 2. cmp1→修羅(job70転職)
 3. cmp2→修羅(job70転職)
 4. 教授→皿(job70転職)
 5. 男葱→男影葱(job70転職)
 6. モンク転生
 7. ノビH→修羅(job70転職)
 8. ダンサー→ワンダラー(job70転職)
 とりあえず5までが目標。その後は気力次第。

では、本日はこんなところで。
[PR]
by udongein | 2012-08-01 01:11 | RO & ROGM