<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

メモ


正岡子規の「墨汁一滴」と和田 茂樹の「漱石・子規往復書簡集」を購入。


以下はとりあえず見送り。
 ・漱石日記(夏目漱石)
 ・漱石の思い出(夏目 鏡子)
 ・漱石書簡集(夏目漱石)

○購入するかしないかの個人用メモ
・漱石文学全集(10)
 京に着ける夕:正岡子規の死後に子規の思い出を書いた作品
 満韓ところどころ:是公との旅行中のやりとり有り
 永日小品:是公との思い出の記載あり
・利休と秀吉(野上弥生子)
 野上豊一郎の奥さんの小説
・破船(久米正雄)
 夏目漱石の長女・筆子と友人との三角関係の公開。
・煤煙(森田草平)
 平塚らいてうと森田草平の心中未遂の顛末。


○青空文庫で閲覧可能なもの。
夏目漱石先生の追憶(寺田寅彦)
 漱石死亡時の追悼文。
葬儀記(芥川龍之介)
 漱石の葬儀の際の記述。
或阿呆の一生(芥川龍之介)
 漱石の死亡に際しての心情の記述。


○他、確認中のもの
 ・鈴木三重吉の著書
 ・大塚楠緒子の著書
 ・東洋城の俳句以外の夏目漱石との交流の記述がある作品など
 ・管虎雄の夏目漱石との交流の記述がある作品など


 
[PR]
by udongein | 2013-03-14 01:37 | 日常

わグルま!03 取捨選択


色々整備されてきて、ほぼ毎日娘さん達が新しいモンスターをゲットしてくる状況に。
ここ数日の成績はというと、
 3/4 エクス
 3/5 ケットシー(失敗)
 3/6 ドミニオン
 3/7 アルケー、ヨウコ、ラミアー(失敗)
 3/8 ケットシー
 3/9 ブシドー、ケットシー(失敗)

と、全てゲットしてる訳ではないにせよ、割と大成功状態です。

というわけで、本日もこの状態でございます。

b0045204_649963.jpg


cGamepot Inc., All Rights Reserved.

まりょく が たりない!


爵位が公爵に上がってmApが増えても、増えた分だけ補充して常にカツカツの状態。
そして、つれてこられたモンスターさんが毎回悩ましい。
悩ましいので思わずデモンズリング買っちゃったけど全くmApが足りない。

さて、例によってのお悩みタイムです。

続きはこちら。
[PR]
by udongein | 2013-03-09 07:42 | ゲーム

合縁奇縁


えーっと…何から話そうか…

中学か高校ぐらいの時だったか。友人の部屋でエロ漫画雑誌を読んでいた時、ものっそい印象に残ってる漫画がありました。
なんか、両親と同居か何かしてるせいで、同棲してるのにエロスなことができなくて凄い欲求不満になってるカップルの話で、通学時間と大学の講義の時間が何時だから、朝2時間できるはずだ、みたいなことを真剣に相談するぶっとび振り。
特に印象に残ってるエピソードは、彼女の友達がすげー淫乱+快楽主義で、太宰治の何とか~ってラブホを見つけてノリで中に入っちゃって、なし崩しで3Pするって内容。
部屋の照明を落としたら壁一面に太宰治の顔が浮かび上がるシーンがかなり強烈で記憶に残ってたんですが、作者が思い出せないまま10年以上が過ぎ去ってしまいました。

で、だ。
見つけちゃったんすよ、とうとう。

きっかけはあれです。
面白い漫画ねーかなー と思って、過去読んで面白かった漫画の作者をぐぐってたら、まだ読んでなかった作品を発見。しかもそれがエロ。
自分の好きだった一般漫画の作者が昔描いてたエロ。これはもうご褒美ですよ。読むしかあるめぇと思い、ちょっとタイトル的にぶっ飛んでそうな「ブッ契りラヴァーズ」を買ってみたら、運命の再会でした。
ちなみに暴れん坊少納言の人でs。
やっばい、最終話まで楽しく読んだのに全く気がつかなかった。
なんか変なところで縁があったなーとしみじみと思った次第。


あと、こういうエロなり面白さなりっていうのは往々にして美化されがちなので、読んでみて記憶よりも面白くなかったりするんですが、記憶の中より面白かった。
しかも記憶の中よりエロかった。
ホテルの名前はHOTEL 太宰治の憂鬱だった。ふいた。



なにやら数奇な縁を感じたので、作者へのご祝儀に暴れん坊少納言は新品で買い直そうと思います。
[PR]
by udongein | 2013-03-07 00:32 | レビュー