タグ:漫画レビュー ( 1 ) タグの人気記事

今日の漫画レビュー(2014/04/13)

不定期なので、ちょっとタイトル変えてみた。

A:大変面白かった(続きを問答無用で買うレベル)
神のみぞ知るセカイ(25)[若木民喜]
おお、次回完結か…この25巻も楽しませてもらったし、ラストが楽しみじゃわ…
エルさん微妙に会話が死亡フラグっぽいけど、ラストはまた妹として戻ってきたりしないんだろうか。
アリスと蔵六(3)[今井哲也]
今回の話は、人物の背景に黒い話を入れてくるなぁ…それはそれで良し。
さなちゃんが日常生活に適応し始めてるのは中々素敵。
スピリットサークル(3)[水上悟志]
今回のエピソードも素敵だった…やっぱりバッドエンドよりハッピーエンドの方が好きだわ。
過去生で自分が命がけで守ろうとした妹が、現代で直系の子孫がいて自分の友達って知ったら、そら号泣するわ…思わず涙ぐんだ。
キン肉マン(46)[ゆでたまご]
悪魔将軍かっけえwwwwwwもうこうの地獄の断頭台見るだけで飯がはかどる思いですよ。
っていうか毎度読む度思うのが「あれ…こんな話だったっけ…」なんだけど、この人の作品の場合、俺の記憶があいまいなのか、この人がいきなり設定追加したか、どっちか分からないのが実にゆでらしくて良い。
アルスラーン戦記(1)[荒川弘]
古い作品だからちょっと心配だったけど、全然おっけー面白い! 荒川絵で語られる本格ファンタジー! ヒャッフー胸が躍るぜ!
なんつーか、だいぶ前に読んだ国を滅ぼされた王女が密かに従者と抜け出して国を再建するために竜の血を引いた従者を集める! とかいうunkファンタジーとは1巻1話からして面白さが違うんだよなー。
大陸最強を謡われた精鋭騎馬隊が大敗北を喫する展開にしても、その後の軍の動性とか、敗北の中で見せる兵士達の強兵っぷりとか、いいファンタジーにはちゃんとその辺り、設定のひとつひとつに対するフォローがあるのがいいんだよな。素直に話を飲み込める物語の見せ方というか。
2巻が早くも楽しみですわ。
ラブラブエイリアン(1)[岡村星]
シリウスコミックスで誘爆発作っていう娘を殺した殺人鬼を追い詰めるガチサスペンスを描いてる新人さんがギャグ漫画描いてたので、即買い。
会話だけでストーリーを進めていく感じなんだけど、この会話が酷い。もう完全に女の会話。
ある日突然宇宙人が家の窓を破って進入してきたのに、その騒音を聞きつけてやってきたアパートの住人との会話が「凄い音したけど大丈夫!?」「なんか宇宙人の仕業らしいんだけど…ゴメン、自信ない」「窓ガラス割れてるじゃん。いくら宇宙人とは言え、これは酷いよね」「すいません。修復します」「そういや修復で思い出したけど、あれから石川くんとどうなったん」 ってもう男の話かよ!? っていうこのあまりの女会話に爆笑しました。
終始こんな感じで、文章も多目だったりするんですが、会話の妙もあって楽しく一気読みできました。
センゴク一統記(7)[宮下英樹]
前巻ラストからの、秀吉が何も考えずに走り出すだけで全員が走りだして戦況が変わるこの、まさに人たらしって感じの展開が中々胸熱だった。
あとこの、柴田勝家にお市の方を嫁がせた理由付けも面白い。




B:面白かった(続きを買うレベル)
シュトヘル(9)[伊藤 悠]
シュトヘルがスドーのことを考えるようになってからの、先の展開に対する予測のできないワクテカ感が出てきて、物凄く楽しみになってきた。
1巻読んだ時に感じた「輪廻転生の話にする意味あったの?」って疑問がそのまま「輪廻転生の意味をどうするの?」っていう期待感に変わった感じ。
レジデン都市505(3)[美川 べるの]
最終巻。いつもの美川節だったので変わらず楽しめました。次もきっとこんな感じなので、特に終わって特別残念とかはなし。
どうぶつの国(14)[雷句誠]
完結。割と綺麗に終わったので良かったのと、お綺麗な展開で全ての動物は肉を食べなくなりましたバンザーイ! じゃなくて、やっぱり肉を食べたい奴はその後も存在し続けるけどちゃんと選択ができるようになった世界っていうところが良いですね。
KEYMAN(6)[わらいなく]
わかってたことだけど、アレックスが単独でキーマンの謎を暴ける気がしねぇ…
あ、あと超重たい奥さん萌え。
はるまちダンス(1)[佐藤両々]
ほんわか女子高モノ。日常系の話として割といい感じ。でもこう、このヒロインのコンプレックス無駄に刺激してる会話が若干…
アイリス・ゼロ(6)[蛍たかな/ピロ式]
小雪ちゃんのこと意識し出したせいか、なんか微妙にイチャイチャ描写が増えていいですな…
それでいてこう、エロに走ったりしないところが逆に良し。
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(6)[谷川ニコ]
モコちゃんに同じ学校のとも…だち? が…。微妙にリアじゅうj…してないよな、うん。
安定して自分から非リア充への道を転げまわってる感じが素敵。
千歳ヲチコチ(5)[D・キッサン]
ヒャッホウ、やっと近づいたと思ったけどまだまだ相手の男の顔すら見れないぜ! じれったい通り越してワクワクしてきた。
姫のためなら死ねる(4)[くずしろ]
お、おう…また電波女が増えたぜ…どうなってんだこりゃ…
これで史実だってんだからマジ平安時代やんごとねえな…日本始まった! とか使い古されたフレーズに変わって「作家崇拝? その程度のエピソードは、既に我々が1000年前に通過した道だ…」とか言えるところが恐ろしい。
生き神のファティマ(2)[水島ライカ]
結局みんなでよってたかって女一人取り合った挙句、昔の恋人が転生した男をまた目の前で殺されるんかーーー! どんだけ不幸なんだよ生き神様。
終わって良かったです。とか後書きで言ってるけど、こっちは割とぽかーんだぜ…
つるつるとザラザラの間(1)[月子]
爬虫類好きの彼女と、爬虫類が嫌いだけど家が爬虫類専門店なので爬虫類の世話を頑張ってる少年のイチャイチャ話。
素朴だけどイチャイチャっぷりが素敵でよし。
危ノーマル系女子(1,2)[真田ジューイチ]
ヒャッコっていう漫画を描いてたカトウハルアキって人が別名で再出発っぽい。ん、んー? この作品は途中で投げ出さないといいなぁ。
無愛想で何の変哲もなさそうな主人公に複数の女が全力で矢印を向けててハーレムモードなんだけど、その内訳が殺人鬼、前世系ストーカー、ただのストーカー、マゾ、過干渉の妹という地獄絵図で、主人公ちゃんがもう何もかも諦めたかのように無表情なのが素敵。
なんだかんだで主人公も異常なので、なんかこう目立ったエピソードがなくても異常がフル稼働みたいな感じ。割と面白いと思う。




C:いまいち(続きを買うのを悩むレベル)
トリコ(29)[島袋光]
はいはい小松すげー小松すげー。
セントールの悩み(7)[村山慶]
なんか迷走してきてるような? 既存の設定の細かいところほじくっていった方がいいと思うんだがな…それはそれでマンネリなんだろうか。
宇宙兄弟(23)[小山宙哉]
つまらなくはないんだけど、あんま盛り上がってないのと、全てがトントン拍子な感じがなんとも。
天地明察(6)[槇えびし/冲方丁]
ん、んー…各エピソードをダイジェスト方式で並べてるような? 勿体無いな…もっと各エピソード盛り上げたらいいのに。
ToLOVEる―とらぶる―ダークネス(10)[矢吹健太朗]
蒼っといた割に、何の脈絡もなく唐突に発動したなダークネス。発動した割にエロくないぞダークネス。
いいからリトくんに千の触手を生やして操る能力と、彼の体の一部に触れた女が一瞬で絶頂を迎える能力を与えて、ハーレムを完成させるんだ。


D:つまらない(ブックオフに売却)
少年少女18禁(1)[くずしろ]
おおう、この人の悪いところだけ煮しめたような作品だな。すんげー読みづらくて詰まらなくて中途半端にエロ。
エロ強調したいなら、主人公にもっとムラムラさせるなりするべきじゃないのかなぁ…2話目にして他の作品と同じテイストでツッコミ係になってるから、他の作品よりぶっ飛んだ笑いもなくシチュ萌えもないただの平均的なエロになってる。
[PR]
by udongein | 2014-04-13 22:11 | 週間簡易漫画レビュー