来月購入予定の本(2014年06月)

もう来月じゃないですねすいません忘れてましたすいません。
そう言えば、会社の後輩ちゃんが毎月200冊以上漫画を買ってる、蔵書数1万超を誇る子でした。
じゃあこの子と思う存分漫画の話を! ・・・というようにはならない不思議な人間の心理。
「え、置く場所とかあるの?」
「本棚の前に本棚置いてたりします。あとダンボール詰め」
「・・・読みたい時読めなくない?」
「もう読まないっすねー」
「でも、毎月200冊以上買ってるんでしょ。凄いよね」
「全部読み切れてないので積んでます」
「・・・なんかオススメの本ある?」
「もう何読んでも一緒って感じッスね」

お、おう・・・

なんだろうな。こういう会話を10年ぐらい前にした気がするよな。ラノベで。
結局もうほとんどラノベとか読まなくなったな・・・あれと似たようなもんか。
段々漫画に関する話題振りができなくなり、次の日からはもう漫画の話すらしなくなるこの感じも覚えがあるなーと思ってたら、RO時代になんか面白い漫画ないかねーって毎日言ってた私に対するギルメン達の反応と同じなことに気付いた。
いまさらそんな、申し訳ない気持ちでいっぱい。

結論:気のおもむくままに、読みたいもんだけ読めばいい

そんな6月のラインナップはこちら。
S:100年前から待ってました
A:即日即購入
B:普通に面白いと思われるので買う
C:微妙だけど買う
D:買うかわからんけどチェックだけ
E:エロ用
F:新規開拓お試し

























06/03Dマッグガーデンワーキングドッグ碧 空唄
06/04C集英社トリコ(30)島袋 光年
06/04B集英社SOUL CATCHER(S)(5)神海 英雄
06/06B秋田書店名探偵マーニー(9)木々津 克久
06/06S講談社鉄風(6)太田 モアレ
06/06B講談社センゴク一統記(8)宮下 英樹
06/07B芳文社椿さん(6)楯山 ヒロコ
06/10B双葉社つぐもも(13)浜田 よしかづ
06/12B小学館タケヲちゃん物怪録(6)とよ田 みのる
06/12B泰文堂ヤマノススメ(6)しろ
06/13FKADOKAWA不死の猟犬(1)八十八 良
06/19B集英社恋は光(1)秋★枝
06/21Aスクウェア・エニックスばらかもん(9)ヨシノ サツキ
06/21Bスクウェア・エニックスはんだくん(1)ヨシノ サツキ
06/23B講談社よんでますよ、アザゼルさん。(11)久保 保久
06/23D講談社少女ファイト(11)日本橋 ヨヲコ
06/23D講談社おおきく振りかぶって(23)ひぐち アサ
06/27C竹書房ロボ娘のアーキテクチャ(3)山東 ユカ
06/30D小学館ドロヘドロ(19)林田 球
06/30D新書館青年発火点雨隠 ギド
06/30B竹書房崖っぷち天使マジカルハンナちゃん(2)佐藤 両々



数が少なくて今月どうしようと思ってましたが、友人に借りた真田太平記やらアルスラーン戦記やらを読むのに忙しいので、退屈はしてません。
真田のお兄ちゃんはいろんなところの情報を見る限り、死ぬまで苦労してる可哀想な人だと思ってましたが、この真田太平記を読んでほぼ事実だと分かり、涙が止まりませんでした(酷)
お兄ちゃんは真田太平記の中で、性格が気に入らないと幼年期から親父に疎まれ、キチガイに懐かれ、自分を慕ってくれてると思ってた弟も好き放題に生きられた挙句に自分の上司をあと一歩で殺害するところまでやられて、ひたすら立場が悪くなっていくという地獄のような生き方をしてます。
さらにこの本に書かれてない内容として、
 ・嫁が修羅の国:関東においても群を抜くDQNっぷりで暴れ回って苦労
 ・90歳を超えて、ようやく隠居できたと思ったら、1年もしない内に孫の代でお家騒動が発生して本家が乗っ取られかけて、大名に復帰するという苦労(1ヵ月後、死亡)
という人生を耐え抜いて耐え抜いて耐えたまま死んだという感じしかしないのがマジ哀れ。
ちなみに、2chの某所では「嫁がまともだったらあと20年は生きてた」「平均寿命が50年だった当事、真田の面々だけが必ず60超。きっと長寿の秘法がある」などと言われております。
個人的には、徳川家に差し出す前田家の上納品を嫁さんが略奪するエピソードと、大阪の陣で無事に帰ってきた長男次男に対して「2人いるんだから、どっちか死ねば幕府の印象も良くなったのに残念だ」と嫁さんが言い放つエピソードを盛り込んでおけば、作中の小松さんに対する印象がかなり違っただろうなーと思ったり。
あと、キチガイの角兵衛さんは、必要なキャラだったんスかね・・・

っと、漫画の話から逸れた。






【6月の完結漫画】
 ないぽ。

【買うかどうかわからない漫画】
・ワーキングドッグ
 買わんけど、前に散々こき下ろしたメイプルさんの紅茶時間の作者だったので、思わず目に留まった。
 読まんけど。
・少女ファイト(11)
 あの、先生、もう休んだほうが・・・
・おおきく振りかぶって(23)
 ホモォッ!
 頑張る野球少年の話が、いつの間にか過剰なスキンシップで二人きりの密談を繰り返す高校野球ホモォッ! 漫画になってたこの話。腐女子は死ぬまで腐女子ということか。
・ドロヘドロ(19)
 カイマンが死んだの10巻前後ぐらいだったと思うんだが、それからまだこんなに続いてるのかよ・・・
・青年発火点
 たぶん買います。が、この人も既刊ラインナップ見てるとホモォッ! の雰囲気があるのでちょっと慎重に。今やってる連載は普通。レズカップルの短編は面白かった。

【新規】
・不死の猟犬
 八十八 良さんの、たぶんオリジナルの話。ウワガキ面白かったので、ぜひ頑張って欲しい。
 エロ出身の作家さんって、何故かとても応援したくなる。お世話になったなら、なおさら。

【注目の漫画】
・鉄風
 やった、連載再開きた! やった!
 因縁の早苗ちゃんとの対決は素敵でした。ダウン取った時の「ナツオのくせに生意気なんだよ!」の台詞は最高でした。しびれたね。
 巻末のおまけも最高だった。お、おう・・・まさかのロベルタレベル。
・ヤマノススメ
 凄い久しぶりに出ますね。
 読んでると「あ、これぐらいなら私にも登れるんじゃね?」みたいな山が出てきて、外に出る気にさせてくれる良い漫画です。
 高尾山には登ってきました。次は霧が峰とか登りたい。



では、こんなところで。
[PR]
by udongein | 2014-06-22 01:31 | レビュー


<< 来月購入予定の本(2014年07月) 千年戦争アイギス27 -覚醒2... >>