ちょっとブルー



 事故りました。







 …目の前で他人が(ぉ
 放物線を描いた眼鏡が、私の足元をかすめていきました。
 で、最初に思ったのが「めんどくせーなー」でした(鬼
 まー、そのガキが…信号が青になった時、発進する車の間を縫って道を渡ろうとしたら対向車線の車に轢かれるという、呆れて笑う事もできん轢かれ方したせいでもありますが。






 轢いた女の人が慌てて出てきて、ガキに駆け寄ります。ガキの方は「痛ぇ…」
とか呟きながらすっ転がりましたが、自力で立ち上がれるので大丈夫そうです。
 バイトの時間も迫ってましたが、万一死なれでもしたら寝覚めが悪いので、とりあえず近寄って道路に放置された自転車を担ぎあげました。
 車が道路を塞いでたので、女の人に「お姉さん、とりあえず車動かしてください」と指示。おばさんだったけど。
 ガキの方はとりあえず座らせました。
 それから、女性の方に保険屋に連絡するように指示。
「ぜんぜん平気です」
 とか荒い息でほざくガキは無視して、女性に病院までつれていくように言いました。

 後は……本当に面倒で嫌だったんですが、名前と電話番号だけ書いて、女の人に渡しておきました。
 この忙しい時期に、厄介事は勘弁して欲しいんですけどね。

 そして、バイトは案の定遅刻。
 店長がいなかったので、事情を説明したらマネージャーの方は、驚くほど簡単に理解を示してくれました。信用されてるっていいですね。

 それから、バイトが終わって携帯を見ると、知らない番号から電話がかかってました。
 時間も遅かったので翌日連絡を待っていると、案の定保険屋からでした。
 とりあえず簡単な自己紹介と、状況説明をしたらいきなり言われたのがこの一言。
「今から来てもらえませんかね?」

 寝 ぼ け ん な 。

 こちとら、人生決めるイベントで、大忙しなんです。それでなくとも、普通はこちらの都合とか聞いて、出向いてくるものでしょ? こんな常識のない保険屋、初めて会った…
 とりあえず「こちらの都合に最大限合わせる」のを条件に、協力を約束しておきました。
 面倒ごとが増えて、ちょっとお疲れです。
[PR]
by udongein | 2005-04-19 02:29 | 日常


<< 実はねー 今日はイベント >>