二日も空けてしまいました。


 体調不良と言うか、何と言うか。
 ネット自体繋いでなかったんですが、友人から二日も更新がないから、事故でもあったのかと思ってと電話を食らいました。深読みしすぎ。


 で、そんな中、昨日は友人達と遊んでました。
 飯を食った後、皆でダラダラ雑談してたんですが、なぜかスーパーファミコンウォーズをやる事に。
 …ここはなんてレトロな家なんだ。
 この部屋では、未だにスーファミ全盛期です。隣りではプレステ2が埃を被ってます。
 三人しかいなかったので、4人用マップを選択し、ひとつをプレイヤーなしにして、戦闘開始。
 私はこのゲームに慣れてるので、微妙なコツを押さえつつプレイしてたんですが…友人達には新鮮だった模様。関心されました。
 そして、関心されたのが運の尽き。微妙なリードを保った時点で、妙な雰囲気になりました。

友人H「HJ……こっちから攻めてくれよ

( ゜Д゜)<結託しやがったー!?

 






 なんて事でしょう。三つ巴のはずがいつの間にか2対1に。
 しかもこいつら、私の目の前で堂々と喋ってます。洒落になってまへんがな。
 二対一…これは、圧倒的にフリです。
 こうなると、やる事はひとつ。

私「さすがH…上手いな。HJの陣地ががら空きで、しかもすぐに攻められる位置にいる……完璧ジャン」

 舌戦開始。

 これはもう、ゲームの腕が決め手ではありません。浮いた第三勢力の獲得できるかが全て。
 その後は自陣地まで撤退して、持久戦にしましたが……夜遅かったので、タイムアップ。ゴングに救われた気分です。
 しかし、最初に結託を促したHは、微妙に恐縮してましたね。
 そんなもの、面白けりゃいいんですが。実際、結託された瞬間上手い!とか心の中で叫んでました。


 それにしても、シミュレーションの対戦は素敵ですね。
 以前にハマってたAoKも、人数と時間の問題さえあれば、もっとずっと楽しめたことでしょう。
 またやりたいものです。
[PR]
by udongein | 2005-04-28 12:17 | ゲーム


<< また日記忘れてたー! 不思議不思議 >>